2012年3月31日土曜日

ちょっとだけプラス。

その日、仕事がある時、
必ず、何か一つは変な事が身に降り掛かる、ということはないだろうか。

大雨であったり、
渋滞に巻き込まれたり、
駐車場所がなかなか見つからなかったり、
ギャラの支払いが後日払いだと判明したり。

報酬をもらう代わり、何か一つは犠牲にしている気がするのだ。


ところが報酬の発生しない休日でも何かあるものだ。

買い物の途中で財布を忘れていることに気づいたり、
ジョギング中に急激に便意を催したり。
家のトイレが壊れたり。


報酬もないのに、何か犠牲を生じるこの現象、
なんとかならないものか。
(娘と濃密に過ごせる時間が報酬? なるほど。)


そんなこんなで、休日の昨日は、
昼寝をしていたら、急に消防車のサイレンで起こされて、
窓を見れば、なんと、家から20メートルくらい離れた角にあるお宅が燃えていた。
風向き次第では、我が家にも飛び火するのではと思われる距離。
消防隊員のお力で見事1時間半くらいかけて鎮火した。
火元の家は半壊。隣の家も一部焦げてしまっていた。


超平和なNJ州Fort Leeの超近所で火事が起きた事にまず動揺し
もし仮に、我が家が火事に巻き込まれたら、
一体どうしたものかと想像してぞっとした。
火事に見舞われた、着の身着のままで飛び出した住人が、
警察官に囲まれておろおろしている姿を見て、
大変気の毒に思った。
(地震津波放射能で家を追われた日本の方々の事に
想像が及んだことは言うまでもない。)


人生は常に、思わぬ災難に見舞われる。
それはもうしょうがない事だと思っているのだが、
最近は特に、一日一回は何かすぐ這い上がれるような
小さな災難に積極的にはまっておけば、
逆に、大局的に見れば、その日はうまくいった日になる、と思うようにしている。


今日は、仕事に行く前に、スタバでコーヒーを買ったのだが、
車に乗る時、うっかりコーヒーをジャケットにこぼしてしまった。
若干染みがついたかもしれぬが、
『これで、今日はいい日になる。』
とポジティブになり、実際、いい仕事ができた一日になったのだ。


問題は、その日、特に何も問題なく過ごせてしまった場合だ。
後日、何かとんでもない事が襲いかかってくるように思え、
どうにも落ち着かない。


まぁ、心配しすぎてもしょうがない。
人生とは、まぁ、大きく見て、いい事もあれば悪い事もあって、
だいたいプラスマイナス0なのではないかと。
でもなるべくプラスがちょっとだけあればいいなと、せこく願っている次第。
とりあえず火の用心火の用心。


(追記)
地元のニュースサイトにこの火事の記事と写真を発見。
とりあえず住人も消防隊も皆無事ということでよかった。

2012年3月22日木曜日

あれから2年、あれから1年。

一昨年のブログ
再生

去年のブログ
2011年3月11日(金曜日)

あれから2年が経ち、あれから1年が過ぎたのだ。

2012年の3月。

最近、寝返りをマスターし、お気に入りの象の人形(パオちゃん)と無邪気に戯れる
自分の遺伝子を受け継いだ小動物(近所を散歩中、道行く人から、
可愛い坊やだと言われるが、メスである。)を目の前にして、
この2年間に体験した事を振り返ると、
なんとも言葉にできない思いにただ呆然とさせられるのである。


あれからもう5ヶ月が過ぎたのだ。

2012年3月10日土曜日

Michelle Walker Recording


歌手のMichelle Walkerのレコーディングに参加。
といいますか、あたくし、音楽監督を彼女から任されてまして、
この1ヶ月半ほど、アレンジから何から準備していたもので
ようやくこの日が来たか、という感じでありました。
アメリカ人のリーダー作の半プロデューサー的な依頼は、
初めてであり、なんといいますか、仕事している感を味わっております。
今回は、増尾さんのペンシルヴェニア州にある自宅スタジオにて2泊3日で
バンド録音を完成させ、後日、歌入れをする予定。

(増尾さん宅宿泊中、近所で、午前中にジョギングをしたのだが、
野生のシカが4頭、40メートルほど離れた所を疾走していた。
シカと共に走るなんてと驚いた。その事を増尾さんに伝えると、
この辺はキツネ、タヌキ、熊も出るよ、と言われ、
少々、ビビった次第。)

写真、左から、Joel Frahm, Michael O'Brien, Ron Affif,
Michelle Walker, Toru Dodo, Willard Dyson