2015年4月27日月曜日

出発前

5月24日(金)にSomiさんの
ハーレムにあるコンサートスペースMISTでのライヴに
参加。ストリングスを加えた編成。
(アレンジは、私が担当。)
400人近くの観客の前で演奏。
この勢いで日本でも演奏できればいいのですが、
 左から、Juliette Jones(vln), Nate Smith(drums), Liberty Ellman(guitar),
Somi, Michael Olatuja(bass), Alicia Olatuja(voice), Myself & Nioka Workman(cello)


しかしながら、日本ではなくて、
明日(5月27日)から5月10日まで、
Somiさんバンドで、
ジンバブエ、ナイジェリア、南アフリカの旅に
行ってまいります。

2015年4月18日土曜日

ナイジェリア大使館

4月27日から5月10日まで、Somiさんのツアーで、
ジンバブエーナイジェリアー南アフリカ共和国に行く予定。

ナイジェリアに入国の際、ヴィザが事前に必要になる。
(ジンバブエ、南アフリカ共和国は、必要でないらしい。)
私、かれこれ、4度目のナイジェリア行きなのだが、
このヴィザの申請手続きというのが、なかなか面倒なのだ。

Web上で、しかるべくところに、
まず申請費用を支払う。

以下を、大使館に持っていく。

申請費用支払い証拠書類。
支払い確認後にメールで送られてくる大使館面接予約確約書。
ヴィザ申請書。
パスポート。
パスポートのコピー。
グリーンカードのコピー。
パスポート用写真2枚。
銀行預金情報。
ナイジェリアへの往復飛行機チケットのコピー。
ナイジェリアに招待してくれる人の手紙。
その招待主のパスポートのコピー。
その招待主が会社経営者の場合、その会社の登録証のコピー。
宿泊先情報。
大使館手続き費用の小切手($30)。
その手続きのエクスプレスサービス用の小切手($65)。

以上である。
暗記して、列記できるほどになっている自分が誇り高い。


ナイジェリア大使館の窓口職員は、
無愛想に加え、独特の訛りのある英語で、
早口でしゃべられるので、何を言っているのか
よくわからないことが多い。


だいたい、ナイジェリア大使館のWebsiteに
必要書類情報があるのだが、実に、分かりづらい。
そのうえ、ひとつでも足りない書類があれば、
決して、申請を受け付けてくれない。


申請書類の記入項目に、過去のナイジェリアでの宿泊情報を書く欄があり、
昔のemailを探って、住所情報を探したりしなくてはいけなかったり、
なにしろ面倒このうえない。


コピー機ぐらい、オフィスに何台もあるだろうに、
ひとたび、パスポートのコピーやら、グリーンカードのコピーを
忘れたとしても、決して使わしてはくれず、
一回、外に出て、コピー機を探しに、走り回らなくてはいけない。


初回、2回目の申請時、
足りない書類があった御陰で、
何度となく、大使館を出て、コピー機を探しまわったり、
結局、その日に申請はできず、翌日に出直した事もあった。
(申請できる時間は、10時から13時。混んでいる事が多く、
その日のうちに申請できない事がままある。)


今回は、万全のつもりであった。
しかし、今回も問題があった。


前回申請時、受け付けてくれていたのだが、
郵便局以外が発行している小切手は、
受け付けないというのだ。

大使館近くに、その郵便局以外が発行している小切手を
買える薬局があって、毎回、そこで、小切手を買っていた私。
今回も、疑いなくここで小切手を買って、向かったのである。

ところが、郵便局小切手以外は、駄目だといわれ、
数ブロック離れた所にあった郵便局まで走った。

(因みに、小切手は、リファンドされない。
小切手に、支払い先情報を書いていなかった私は、
それでも幸運だった。仮に書いてしまっていたら、
まるまる、$95を損してしまった可能性があった。
自分宛にして、自分の銀行口座に預けることができて助かった。)

(それから、この手続き代金、ここ最近は、
エクスプレス用代金$65は、必ず払うように
なっていて、そうしないと、ヴィザが出るまで
1ヶ月くらいかかるという噂。)


 再び、大使館窓口へ、必要書類とパスポートを提出。
受付職員から早口で、『@#$%をここに書いて。』
と言われ、何をどうしていいのかさっぱりわからなかったが、
2度ほど聞き直して、ナイジェリアでの宿泊先の住所を
ここに書け、と言われたのを理解できた。
銀行口座情報の書類は、返却された。
それ以外の書類とパスポートがピンク色の紙ファイルに
納められた。
3日後にパスポートを取りに来てと言われる。


大使館を出て、数分後、電話がなった。
見知らぬ番号の場合、電話を取らない事が多いのだが、 
何かの虫のしらせか、Helloと出た。

さきほどのナイジェリア大使館受付職員であった。
『招待レターがない。それがないと、ヴィザは出ない。』

焦った。が、カバンを見直した。
すると、返却された銀行口座情報の書類の間に
そのレターがはさまっていた。
なんと。

『今、戻ります!!』

また走って、大使館に戻り、レターを提出。
 
3日後の今日、大使館にパスポートを取りに行った。
引き取り証を渡す。
山とつまれたピンク色の紙ファイルの中から、
自分のパスポートを探す職員。

ところが、ない。。

『ちょっと座って待ってて。』

と言われる。。

私は、何か良からぬ事が起きたに違いないと思い、
動転した。

職員が、隣の部屋にいる職員に、
 『@#$%DODO!!』
と叫んでいる。

『@#$%DODO??』
『@#$%DODO!!』

と会話が聞こえる。

ものの1分の事だったかもしれないが、
長い時間に感じられた。
何か、書類に不備があって、ヴィザ却下されたのか??
なんということだ!!
まさか!?

すると、隣の部屋にいた職員が、
新たにピンク色の紙ファイルを山のように
積み重ねて出て来た。
その中に、私のパスポートが発見された。
 しかと、ヴィザスタンプがおされてあるのを確認し、
大使館を出た。脇の下にいやな汗をかいていた。


とにかくも、私の、4度目のナイジェリア行きが
こうして決定した次第。

2015年4月14日火曜日

小型飛行機体験

先週のことになるが、Somiさんの仕事で、
ニューハンプシャー州のDartmouth Collegeに行く時に、
小型飛行機に乗った。しかも、けっこう古めのタイプ。。
(お客さん最大6人プラス操縦士と副操縦士。)



自分の席の前の席にパイロットが座っている
という状況は、生まれてこのかた
初めての事で、それはもう、
あたかも、自分が操縦しているかのような錯覚をするほどの
臨場感あふれる飛行体験に興奮したといいますか。



と同時に、大変緊張したといいますか、
恐怖心に少々飲み込まれたといいますか。


飛行中の音の大きさにびびり、
離陸時の揺れに戦き、
雲に包まれて、前が何も見えない中、
計測機を頼りに
飛行して行く過程に怯え、
そして着陸時には、我が身を天に任せる境地に入った。



この日、朝、5時15分に起きて、
家を出たのが、朝6時。
眠くとも、どうせ飛行機で寝れるから、と
タカをくくっていたのが、
飛行中、てんぱって全く寝れず仕舞い。


ニューハンプシャー州まで、飛行機だと片道90分。
バスだと6時間のニューハンプシャー行き。
怖いけど速いのをとるか、
遅いけど、少し安心感がある方をとるか、
人生は、よくできたゲームになっている。

(ただ、帰宅時、再び、同じ飛行機に乗ったが、
意外と、慣れて、初回程の恐怖感はなかった。
人間の対応能力に驚かされる。)

2015年4月12日日曜日

Selfie With

 私は、ここ数年で、歌手の方と演奏する事が
実に増えた。
 特に、3月28日から4月8日の12日間の間に
10人のシンガーと仕事をする機会があった。
 せっかくの事なので、記念にIphoneでセルフィー写真をとった。
(この勢いで、今年一緒に演奏する機会を得た歌手の方とは、
写真を撮ろうかと思っている。。)

3/28 Karen Marie @Robert, NYC
 3/30 Julia Haltigan @Wayfarer, NYC
 4/1 Lisa McQuade @Sleep No More, NYC
 4/2 Aisha De Haas @Sleep No More
 4/3 Michelle Walker @Birdland, NYC
 4/5 Kade Douglas @Sleep No More
 4/6 Magda Giannikou @Blue Note, NYC
 4/7 Imani Uzuri @ Schomburg Center, NYC
 4/7 Aimee Allen @Zinc Bar, NYC
4/9 Somi @Dartmouth College, NH