2021年9月21日火曜日

St. Louis Week 4& 5 Dreaming Zenzile Opening!

Dreaming Zenzile at The Rep in St. Louis

 

公演が行われる劇場のステージでのリハーサルがはじまってからの

2週間は、かなり肉体的にきついものがありました。

ミュージカルに限らず演劇を劇場で行う場合、

照明や音響さん、あと、このミュージカルでは

巨大スクリーン映像も使われるので、

彼らとも演出準備をしなくてはいけないわけです。

シーンのはじめから、こと細かく合わせをしていくので、

何か問題があった場合はストップがかかり

またやり直していく、という作業を長時間かけて

行うのです。

バンドの場合は、だいたいやる事は固まっているので、

どちらかというと、待ち時間が長く、

ピアノの椅子でじっとしていたり、

ピアノのまわりをあるきまわったりしている時間も

長かったように思います。

(これがなかなかきついんです。文句を言ってはいけません。。)


9月10日(金)いよいよPreview公演が始まりました。

お客さんを入れての試験公演みたいな感じですかね。

このPreview公演の1週間が体力的に極限状態になりました。

午後に5時間かけての練り直しリハーサル、夜に2時間15分にわたる

ショーを行うという事をやりまして、

9月17日(金)本公開となりました。


恥ずかしながら、9月10日のPreview初演日、

ショーが始まって早々、感極まって涙がこみあげてきて

歌わなくてはいけないシーンで歌えなくなっておりました。

(まだ自分にも感情というものが残っているんだなぁと。)

(バンドさんも歌うシーンがいくつかあるんですねーー)

9月17日の本公開日は、泣くかと思いましたが、

案外普通にできましたかねぇ。


なにしろこの公演にいたるまでの年数時間を考えたら

感極まらない方がおかしい感じなんですけど、

ついにここまで来た感でお腹がいっぱいです。

(数曲、アレンジも担当させてもらってます。。)

オープニングを迎えて、なんだかもう終わった感にとらわれたのですが、

これからがはじまりなんですよね。。。。


演劇業界のしきたりなのか、普段の音楽活動ではあまり体験してなかった

事のひとつに、オープニング日に、キャストメンバーに

カードを渡すというのがあるんですね。

演出家や振付師、衣装担当係などから、

お祝いあの言葉の添えられたカードをいただいて、

その心遣いに胸打たれた次第です。


少し寂しいのは、その演出家や振付師は、

オープニングデーの翌日にはそれぞれ家に戻るんですね。

あとは、役者さんと、舞台マネージャーさんと

千秋楽まで頑張るという事なんですね。

少し、見捨てられてしまった子供のような心境にもなるんですが、

これがこの業界のしきたりなんだというのを学びました。


あと2週間。体力勝負です。







2021年8月31日火曜日

St. Louis Week 3 リハーサルリハーサル

昨年の2月に、St. Louisのこの劇場に来て、

リハーサルを重ねていた同じ時間量を過ごした。

来週から、未知の世界に入る。

実際のホールでのリハーサル、

照明、音響のテストなどが始まる。

パンデミックのど真ん中にいる感じではあるが、

この1年半にわたる経験で積み重ねた

感染予防策を講じ、本当に公演が行われようとしている。

違うコードを弾いてしまった時の写真(笑)


 

2021年8月24日火曜日

St. Louis Week 2 リハーサル進行中

 Dreaming ZenzileというSomiのミュージカル。

はじめは、ワンマンショーだったのが

コーラスが2人加わり、

今は4人加わり。

ギターのHerveがメインで音楽を担当しているのが、

時に、自分が一人ですべて演奏した事もあったり。

(今回は、ギター、ピアノ、ベース、ドラムのバンド編成。)

役者さんも変遷があり。

舞台監督も変遷があり。

昨年、始めて劇場で公演できるかと思いきや、

パンデミックにストップをかけられ。

それが、今回、再び、公演できるかもしれない

というこの状況に感謝せざるを得ない。

今週は、衣装合わせがあり、

このような格好をして舞台にあがる予定です。

ルパン3世のような、という事を

SNS上で書き込みがあったりしましたが、

確かに、それっぽいですかね

赤いタイが自分でも気に入ってます。







2021年8月16日月曜日

St. Louis Week 1 リハーサル開始

 8月9日にSt. Louis入り。

昨年3月、後にした場所に再び戻ってきた。

SomiのミュージカルDreaming Zenzile初演を再び行おうとしている。

(今回は公演ができるといいな、と本当に願ってます。。)


今回、役者さんは、(Somiを含めて5人)3人新しい顔ぶれになり、

バンドも、ベーシストが新しい方が来た。

この手の演劇界は、作品に参加する役者さんがころころ変わる。

スケジュールの問題であったり、お金の問題であったり、

色々あるのだが、このプロジェクトに長く関わっている身としては、

その時その時の出会いを大切にしたいものだと思っている。

(今回の新しいメンバーのうち3人が自分と同じ水瓶座ということもあり、

なんとなく気の合う人が多い感じがあるのは気のせいか。。。)


パンデミックのど真ん中にいることに変わらないのだが、

参加者全員がワクチンを接種していて、かつ毎週1回

感染テストを受けるという徹底した管理のもと

9月からの公演を目指している。

なかなか昨年のように、気軽に外を散歩しずらく、

リハーサルと宿泊している建物との往復の1週間であった。


木曜日に嵐が来て、停電に見舞われる事態があった。

リハーサルが終わって家に戻り、夕食を準備しようかと思った矢先に

電気が消えた。すぐ復旧するものなのか様子を見たが、

1時間過ぎても明かりは戻らない。

この停電がこの建物だけの問題なのか、

この一角だけの問題なのか

それとも街全体の問題なのか始めは検討がつかなかったが、

ローカルニュースを見たら、St. Louisの6万世帯が停電しているといった

ニュースを見て、あきらめて寝る事にした。

朝を起きた時に、部屋中のあかりが煌々と照らされていて

その時の安堵感といったらない。

電気がないと元気もでないなぁと思った次第。

リハーサル開始


停電中。


2021年8月7日土曜日

W73 再び、St.Louisへ。

  アメリカのCOVID-19感染者数8月6日現在

感染者36393253人(先週35064446人)

死者629442人(先週620225人)

先週の土日に、

ブルックリンにのBig Orange Sheepというスタジオ(初めてお邪魔)にて

vocalistのAimee Allenさんのレコーディングに参加。

NYではここのスタジオしか置いていないのではないかと思われる、

Fazioliのフルコンがあって驚いた。



あまり馴染みがないピアノだが、この二日間で、

少し親しくなれたかなと。

幅広いダイナミクスレンジ、指にひっついてくるような打鍵感が

特徴かなと。

久しぶりにじっくりとバンドメンバーと音楽ができて

幸せな時間でありました。



そして、2020年の3月のロックダウンから1年6ヶ月経ち、

この月曜日に、再び、St. Louisに飛びます。

結局、パンデミック自体は終息はしていないのですが、

(当分収まるものではなさそうですね。。。)

警戒しながらSomiさんのミュージカルDreaming Zenzile公演となりそうです。



2ヶ月の滞在中、毎週、コロナテストを受けるみたいですし、

こういう形で事業を再開していくしかなさそうですよね。。




そうそう、SOMIの新譜が発表されましたよ。。

2021年7月31日土曜日

W72 Twitch Season 2 DONE!!

 アメリカのCOVID-19感染者数7月30日現在

感染者35064446人(先週34723020人)

死者620225人(先週618712人)

先週末、喉がひりひりしだし、鼻水に軽い頭痛。

パンデミック前であれば、いつもの夏風邪と

思ったところなのだが、このご時世、

心配になって、人生初のコロナテストを受けた。

近所の薬局で予約をすればすぐ無料で試験を受けれるのは

ありがたい事だ。両方の鼻に綿棒をつきさして鼻水をつけ、

検査液につけて提出するだけ。翌日に結果がテキストできた。

陰性であった。

ドキドキした。

やはり夏風邪だったのかと。


(ここ最近アメリカも感染者数が増え出し、

マスク着用をまた推奨するようになってきた。

なかなかこのデルタ変異種やっかいなウイルスですね。

感染しないよう気をつけましょう。)



ついに7月27日をもって、Twitchシーズン2終了。

最後にSenri Oeさんとライヴチャット。

2時間くらいお話しさせていただいた。

感謝感謝。

振り返ると、

結局、あのDodo's Practice Roomは、

自分のインタビュアーとしての経験を積む場だったのではないかという。。

パンデミックの中、演奏機会を失い、

オンラインでの演奏の可能性を探ったのがスタートだったと思ったのですが、

行き着いた先が、録画してのZoom インタビュー、そして生チャットだったという。。。

(ピアノはもういいのか、という事なんでしょうか。。)

もし、シーズン3をやるのであれば、

生チャットの番組に特化する可能性を感じているのですが、

どんなもんでしょう。。。。。




2021年7月25日日曜日

Week 71 

  アメリカのCOVID-19感染者数7月24日現在

感染者34723020人(先週34314476人)

死者618712人(先週615757人)

なんだかんだで、Twitchでの生配信番組をやりはじめて
1年が経った。
(シーズン1: 2020年6月15日ー12月18日
 シーズン2: 2021年2月1日−7月23日)
パンデミック期間限定と思って、
事が正常化した後に、振り返って見て、
あの時はこんな馬鹿な事をやっていたんだなぁと
思えたらいいなぁと、考えていた事があったのですが。
そんな馬鹿に付き合ってくださった方々、
インタビューに参加してくださった方々に
ここで心よりお礼申し上げます。

今年の2月からシーズン2と銘打って
週4ペースではじめ、6月から週2ペースで
続けたこのシリーズも来週の月、火で
一応シーズンフィナーレとします。

8月の2週目から10月3日まで
ミズーリ州セントルイスに泊まり込み、
SomiのオリジナルミュージカルDreaming Zenzileの
世界初演に参加してきます。
(コロナが悪さしそうな感じありありなんですけど、
今のところ、遂行される予定なんです。。。)


10月からは、私、長らく関わっていた
NYのショー、Sleep No Moreも再開されるニュースが
入ってきてますし、事は、徐々に、戻っていくとは
期待しているんですが。






2021年7月18日日曜日

W70 火の車

  アメリカのCOVID-19感染者数7月17日現在

感染者34314476人(先週34175512人)

死者615757人(先週614321人)

デルタ変異種がまた悪さして

感染者数が増えているというようなニュースが出てきて、

あまり油断はできないと思いつつ、

すっかりマスクなしの生活にもどっている

アメリカ国なんですけれど、どうなるんでしょうか。。。


水曜日にキーボード持参のGIGがチャイナタウンのとあるクラブであったのですが、

いざ出発と思ったら、車のエンジンがかからない。

バッテリーがあがってしまったのか?

地下鉄で行けないことはない、ということで、

去年のおそらく1月以来、はじめて、NYの地下鉄に

キーボード片手に乗りました。

なんとなく車内は清潔になったような印象が。

あまりアジア人に危害を加えてきそうな人もおらず、

無事に目的地へ到着。仕事も無事にできてまぁよかったのですが、


翌日の朝に、日本のJAFみたいな会社に来てもらい

エンジンのジャンプスタートをしてもらおうと思ったら、

なんとバッテリーが問題ではなく、

スパークプラグがダメになっているということらしく、

今度は、レッカー車に来てもらい、最寄りの

修理工場に赴く。

この日もブルックリンでキーボード持参のGigがあり、

午後3時くらいまでに修理が終了すれば、車でいけるかなと期待していたのが、

なんと、私の車、相当ガタついていたらしく、

ベルトも交換、ブレーキも交換、

なんだかんだで、ものすごい大修理になってしまい

結局この日も車が使えず、再び地下鉄でキーボード持って仕事場まで行った次第。

NYに来た当初、キーボード、アンプを持って地下鉄で仕事場に言っていた

当時の事を思い出したりして。

働けど働けど、お金が貯まらない、この感じもいい加減

なんとかしたいんですけど。。。

2021年7月11日日曜日

Week 69 Soapbox Gallery Solo Piano Show 終えて。

 アメリカのCOVID-19感染者数7月10日現在

感染者34175512人(先週34082093人)

死者614321人(先週613594人)

7日(水)にブルックリンのSoapbox Galleryにて、

ソロピアノショーを行った。

パンデミックで、Twitchをはじめ、

今まであまり取組んでこなかったソロピアノの

練習をしてきたが、その発表会になったような。。

なるべく、余計な事を考えず、指が動く方へ、

耳が欲する方へ、音楽を紡いで行こうという

気持ちで臨んだが、果たして、聞いてくださった方にはどう聞こえたのかしら。。。

この演奏前の緊張感はたまらないものがあって、

また機会があったら、この場所でやってみたいと思います。

(ここのピアノ好きです。)





2021年7月4日日曜日

Week 68

 アメリカのCOVID-19感染者数7月3日現在

感染者34082093人(先週3396146人)

死者613594人(先週610975人)

今週唯一入っていたSwing 46が天候不良で

キャンセルに。

その日の天気に左右される仕事をしていた

自覚があまりなかったのだが、

そういうことらしい。

パンデミック終息ということになっているが、

まだまだ私をとりまく経済状況は

楽観視できないのが現実である。

これまでなんとかやってこれたのだから

これからもなんとかなるさ、などと

いつまで言っていられるだろうか?

まぁ、去年の今頃に比べたら、

だいぶ見通しはよくなっているはずなんですが。


7月7日のSoapbox Galleryでのソロピアノライヴを控えて

まぁ、練習しないといけないんですが。


2021年6月27日日曜日

Week 67

 アメリカのCOVID-19感染者数6月26日現在

感染者33961461人(先週33928172人)

死者610975人(先週610117人)

木曜日に、NYはパンデミック終息宣言が出た。

ウイルス自体はしばらく居残るとは思うので、

油断はできないのだが、とりあえず、アメリカ国は

このパンデミックに勝利した感じなんでしょうか?


金曜日に、久しぶりにPhiladelphia在住の歌手

Laurin Taleseさんの仕事が入った。

フィラデルフィアの野外コンサートイベントで

フィラデルフィアシンフォニーの弦楽の方々と共演した。




そういえば、月曜に、家のトイレの真上あたりに貼ってあった

壁のタイルのひとつが落下。

もし、誰かが用を足していたら、

確実に頭直撃、最悪死んだ可能性があった。。。

なるべく外出しないように

身を守っていたのだが、

家の中でも危険がある事に

驚愕とした。

来週あたり、修理する予定なのだが。。





St. Louis Week 4& 5 Dreaming Zenzile Opening!

Dreaming Zenzile at The Rep in St. Louis   公演が行われる劇場のステージでのリハーサルがはじまってからの 2週間は、かなり肉体的にきついものがありました。 ミュージカルに限らず演劇を劇場で行う場合、 照明や音響さん、あと、このミュージカル...