2019年8月5日月曜日

Sundance Theater Lab 2019

Sundance Resort 頂上からの景色

俳優ロバートレッドフォード達が、
設立した財団 Sundance Labが、毎夏、期間をわけて、
ユタ州のPark Cityに、
映画製作者や、演劇製作者を招待し、
寝食を共にしながら、創作活動を援助している。
英語で、これをWorkshopと呼んでいる。

7月8日から28日の3週間は、演劇のWorkshopがあり、
今年は、Somiの製作中のミュージカルDreaming Zenzileが、
招待され、私も一員として山小屋で時間を過ごした。
今回は、南アフリカの歌手が4人加わり、
ギターで音楽監督のHerve Sambと初対面の
パーカッションのFarai Maliangaが参加した。
Dreaming Zenzile Team


今回のWorkshopには、我々の他に、
7グループが招待されており、
(パレスチナ人グループもいた)
彼らと、食堂で1日3度の飯を囲みつつ、
それぞれがそれぞれの作品に磨きをかける
時間を過ごした。

最終週に、発表会が1日、1から2公演行われ、
皆で鑑賞し、講評した。
Dreaming Zenzileの発表会は、滞在最終日前日に予定され、
それまで、日曜以外、毎日朝から夕方まで
リハーサルを行った。

きついといえばきつかったが、
長年活動を共にいしてきたメンバーとのWorkshopは、
実りの多いものとなった。
南アフリカのシンガーは、Broadway Musical Lion Kingで
歌っていたような方も2人いて、
歌唱力、ハーモニー力抜群、
芯からの歌好きというか、
時間があれば常に歌っているような方達で、
心が清められる感じがあった。

今回集まった人たちは、自分が知らなかっただけで、
作家、舞台監督、俳優諸々、才能ある方達ばかりがいて、
刺激を受けないわけにはいかなかった。
参加者全員集合

さらに、このユタ州の自然も美しさに
毎日圧倒された3週間であった。
標高2000メートル。
高山病になるかと思ったが、
3日もすると体も慣れ、
休日には、ハイキングや人生初の馬乗りも体験できた。
アメリカには、美しい場所があるものです。

私、緑Tシャツにヘルメット





2019年6月15日土曜日

Somi's New Recording

From left, Herve Samb, Michael Olatuja, Keith Witty, Somi, Cobhams Asuquo, Nate Smith and myself.

5月末から6月上旬にかけて、Somiの新しいレコーディングに
参加しました。今回は、演奏の他に、
ホーンのアレンジの一部と、ストリングスアレンジ全般を任され、
譜面作りに久しぶりに徹夜作業をして、その後の
体力の消耗ぶりにもう無理があまりきかない年齢になっていることを
自覚した次第。
今作は、Somiの製作中のMiriam Makebaの人生を描いたミュージカル
『Dreaming Zenzile』のプロモーション的なアルバムになりつつも、
ひとつの作品として、Miriam Makebaへのトリビュートアルバムの形に
なっています。
Somiの前々作の『Lagos Music Salon』をプロデュースした
ナイジェリアのCobhams Asuquoを再びプロデューサーに迎え、
雑な言い方ですが、アフリカ色の強い内容になったかと思います。
いい作品になる予感がしてます。
Strings Recording



2019年5月7日火曜日

Hr-Bigband



Somi のヨーロッパツアーに4月22日から5月5日まで行ってきました。
(Estonia, Finland, Switzerland そしてGermany で演奏)

ハイライトは、Germanyのフランクフルトに居を構える
Hr-Bigbandとの共演でした。

ドイツには、3つほど政府が運営するビッグバンドがあって、
Hr-Bigbandはそのひとつで、色々なアーティストを招聘して
ビッグバンドコンサートをしている。

驚いたのだが、NYで長らく活動していたベースの
Hans Glawischnigが、最近このバンドの正式ベーシストになっていたことだった。
彼は、オーストリア出身で、ドイツ語は問題ないし、
他のプロジェクトに参加したりツアーにも出れる自由があるし、
サラリーに健康保険に年金もついたりするらしく、(羨ましい)
フランクフルトに移住する事を決意したらしい。
久しぶりに共演できて嬉しかった。



今回、Monk'estra等の活動で知られるJohn Beasleyが、編曲指揮を担当して、
Somiの楽曲を演奏した。フランクフルトでの演奏が上のビデオで
鑑賞できます。ドイツの最高のプレイヤーが集まるこのビッグバンド、
演奏能力の高さに感服しました。


Somiさん、本当に長い時間をかけて大きな舞台を踏むようになってきている。
2004年に初めて出会った以来、共演を続けているギターのHerve Sambと共に、
この場所に来れた事に感謝。






2019年4月17日水曜日

名前を覚える事

普段、滅多に会わない人と道端でばったり会った時に
その人の名前を覚えていて、しっかりとその名前を呼んで
挨拶できるかどうか。

ここ2週間の間で、そういう状況が3回あり、
そのうち2回は、
相手の方が、自分の名前を呼んで挨拶してきたのに、
こちらはその方の名前をまるで覚えておらず
『あーこれはこれは!お久しぶりです!』
だけですましてしまった。
これは立派な人間のすることではないように思った。

ただし一回は、
迷いなく相手の方の名前を思い出す事ができて、
『あー誰々さん! お久しぶりです!』
と挨拶したところ、相手の方は、
こちらの名前を言うことはなく、
『久しぶり!もう息子さんは幾つになった?』
と返してきたので、
あー、彼は、なんとなく自分に子供がいることは覚えてくださっているが、
(娘だけど)、こちらの名前は覚えていないな、
と自分が勝負に勝った気持ちになった。
ただその後、いやいや、挨拶は勝負事ではない、と
思い直したのだが。

少なくとも、これからは少し、人の名前を覚える努力をしようと思う。

写真は先週末、Washington DCのGeorgetown Universityでの
Somi Showの様子。









2019年3月24日日曜日

時の流れ

気づくとNJ州で暮らしている時間が、
NY州ブロンクスで暮らした時間よりも長くなった。
ブロンクス時代の方が長い気がするのは不思議だが、
年齢を重ねるごとに、一年の長さがどんどんと短く感じるために
若かったブロンクス時代の方が長く感じるのだろうか。

(最近誰かが言っていたのだが、
チューブに入った歯磨き粉の9/10が失くなる時間と
残りの1/10が失くなる時間はほぼ同じだそうだ。
人生も、晩年はそんな感じなのだろうか。。。。)

ブロンクス時代、最初の1、2年、
キーボードとアンプを運びながら地下鉄に乗って
仕事に行っていたものだが、その後、車を手に入れて、
公共の乗り物を使って仕事に行く事から遠ざかったのだが、
ここ最近、NJ州からNYのミッドタウンを往復するバスが
家から近いところを走っている事を発見して、
仕事がミッドタウンだった場合、バスで仕事に行く事を
意図的に増やすようになった。
(仕事がキーボード持ち込みの場合でも、会場にアンプがある場合に
限り、キーボードとスタンドを持ってバスで通勤をはじめた。)

通勤時間は、車通勤に比べれば、多少かかるのだが、
運賃は安いし、座って、読書なり、Netflixを見ながら行けるのが
なんとも心の平安につながるのだ。
ブロンクス時代、キーボード、アンプを持って地下鉄で仕事に行くのが
辛くてしょうがなかったが、年をとった今になって、
キーボードを運びながらでも公共機関を
ありがたがるようになるという事を想像していなかった。

ところで、

今日(3月23日)は長女が産まれて亡くなった日。
あの出来事は昨日の事のように鮮明に思い出せる。

流産というのは、あまり語られないものだが、
実際には多く起きうる事だということを
告知していくことが大切だという記事を最近目にしたが、
当時の妻と私にとっては、あれは全く予期せぬ出来事であり、
残酷な体験でしかなかった。

あの日からもう9年の歳月が流れたのだ。
NJ州での暮らしは、あの悲しみと、後にさくらが誕生した喜びが
もつれあってここまできている気がしている。

夜、家族で記念の食事会を近所の寿司屋で行ったのだが、
昨日まで赤ん坊だと思っていたさくらが、いつのまに
一丁前に英語でネタを注文できるようになっている事に、
改めてリアルに時間が過ぎていることを実感した次第。
(さくらは現在7歳)

下の写真は、3月18日にJoe's Pubで行われた
Sleep No Moreで知り合った俳優William Poppの"Calloway's Salon"の様子。
リハーサルを、NYのジャズミュージシャンがよく使う
Michiko Studioで行ったのだが、隣の部屋ではどこぞのバンドが
コルトレーンを演奏している環境で、
半裸になってセックスドールを抱えながら歌を歌う俳優さん達の
伴奏をした自分を褒めてあげたくなった。




2019年2月20日水曜日

Valentine's Day

Valentine's Day の夜、Sleep No Moreの会場で
夜6時から深夜1時まで演奏する仕事をしていた。

演奏開始直前に、知り合いからテキストが来た。
自分の住むNJ州Fort Lee市で火事のニュースを見たけど
大丈夫かと。

早速家にいる妻に連絡すると、
500メートルくらい離れた古い6階建のアパートから
火がでているとのこと。
家のベランダから現場がよく見えるとの事。
それほど近いわけではないが、それほど遠い距離ではなく、
なんとも落ち着かない中、演奏の時間が来た。

ファーストセット終了後、早速家に電話。
火の勢いが強まっているとの事。

セカンドセット終了後、連絡を入れると、
消防隊の消火作業がうまくいかないのか、
火の手が弱まる感じがしない、
花火のようにパンパン音が聞こえる、
とりあえず、パスポートやら着替えやらパッキング始めていると。

まさか火が自分の家まで広がる可能性など想像していなかったので、
私はかなり動揺し、無事を祈った。

幸いにもこの日、風は弱く、火は広がる事はなかった。
夜10時くらいにようやく消火されたらしく、
娘も安心して寝たと連絡が入って、安堵。

深夜2時くらいに帰宅したのだが、
家の周辺は煙の匂いが充満していて息苦しかった。

翌日、状況が明らかになったところによると、
アパート全焼、屋根は崩れ落ちていて、
45世帯以上の住人が家を失ったと。
幸いけが人が出なかったのが救い。
(発火原因は今現在不明。)

それにしても、一瞬にして、
住居、財産を失う事になった方々の気の毒な事。
ほんの500メートル先の出来事に、
少なからず衝撃を受けた次第。

https://abc7ny.com/dozens-homeless-after-massive-nj-fire-cause-under-investigation/5140290/



2019年2月8日金曜日

2019 年

かなりブログを放置してしまってます。
もうあっという間に今年も1ヶ月が経ってるわけですが、
気をつけないとあっという間に2020年になってしまいそうな
勢いです。
とりあえず、音楽にピアノに真摯に向かい合っていきたいと
思っています。










2018年11月27日火曜日

レバノン、ヨーロッパツアー

Somiのツアーで11月1日から18日まで、
レバノンからヨーロッパをまわってきました。


レバノンという国にまさか行くこと等
夢にも思ってなかったのですが、
音楽がというかSomiさまさまですが、
色々な世界に連れて行ってくれることに感謝。

首都ベイルートも、長年の内戦の傷跡を残しつつも
修復復興を果たしているように思えたのですが、
4日間の滞在では実際のところ何もわかっていないのかもしれません。

ベイルート

Somiが、おみやげにと立ち寄った
ジュエリーのお店で、購入の際、
現金しか支払いできないと言われ、
時に高額な金額をやりとりするであろう
ジュエリー業で、クレジットカードを使えないなんて、
そんなんで大丈夫と聞いたところ、
実は、店主はシリア人で、
レバノンでは、シリア人は銀行口座を開けないことになっている、
と言われ、驚いた。
シリアの内戦から難民問題が、周辺諸国の世情をかき乱す
一例を見た気がして、このご時世、銀行口座を持つことなく
ビジネスをしているシリア人の生活とはどのようなものか、
考えさせられた次第。

その後、ヨーロッパツアー。
ドレスデンでのライヴ中、高齢の男性客が演奏中、気を失い
救急車に運ばれて、ショーが途中で終了するハプニングがあった
以外、スムーズに事が進み、無事帰宅。

ブレーメン

ストックホルム

ハノーファー

ドルトムント

ベルリン


プラハ

ドレスデン

ブラティスラバ

ルクセンブルク

ブリュッセル


今年は、というか今年もというか
Somiさんに多くの国に連れていってもらった気がします。
書き出すと、
ケニア、タンザニア、ルワンダ、コートジボワール
スイス、英国、ドイツ、イタリア、フランス、フィンランド、
アラブ首長国、レバノン、
スエーデン、チェコ、スロバキア、ルクセンブルク、ベルギー。
お腹いっぱいです。


2018年10月23日火曜日

7 year old

10月20日は娘の誕生日。

これまで友達の誕生会に何度か誘われて、
みんなで遊んでプレゼント交換、
みたいなものを経験している娘は、
わたしもそういう誕生日がしたいという
リクエストは受けていたのですが、
なにせ、無精な私は、まるで準備もままならず、
それではまずい、何かしないと、という感じで、
それなら、いい音楽コンサートにでも連れていってあげようかと、
調べたのが、4、5日前の話。

するとユッスーンドゥールがカーネーギーホールでやっている
ではありませんか。

この夏、マルセイユのジャズフェスで、Somiバンドは、
ユッスーと対バンだったおかげで、舞台袖から
彼のライヴを堪能したばかりだったのだが、
観客席からじっくり聴けたら最高、と思って
チケット購入しようとしたら売り切れ。

その代わりに、と調べていったら、
リンカーンセンターに
Big Apple Circus が来ていると知る。
子供は喜ぶに違いないとチケットを購入。


10月20日当日。
肌寒いNY、土曜日の午後。

サーカスのテントが設置されてあるリンカーンセンターの敷地内には、
立派な噴水があって、娘はしばし見とれていたので、隙をついて写真を撮る。



ここ近年、エンターテイメントの選択が増えて、
人があまりサーカスに興味をもたなくなってきたとか、
動物愛護団体が、サーカスの動物虐待を訴えるケースもあったり、
サーカスの人気に陰りが出ているといったニュースを読んだこともあり、
実際どんなものかという気持ちで、鑑賞したのだが、
いやいや、大変よくできたショーで、私自身思わず引き込まれてしまった。
娘も、終始笑顔でこちらも嬉しくなった。

ショーの途中、テキストメッセージが来た。
Somi からであった。
『ユッスーのコンサートチケット3枚あるんだけれど行きたい?』

本来、サーカスを見て、ご飯を食べて家に帰る予定であった。

私は、
『もちろん、行きます。ありがとう!!!』

サーカスが終わったのが、6時過ぎ。
コンサートは8時開演。
急いで、近くのレストランに入り夕食をすませ、
カーネギホールに向かった。

カーネギーホールは、自分にとって、
クラシック音楽のメッカであり、
ポリーニ、キーシン、内田光子等、
これまで、何度か偉大な演奏家を聞いてきた。
ジャズ音楽もコンサートが開かれていて、
ハンコックを聞いたこともある。

なんといっても、観客はいつも
礼儀正しく、物音一つ立てず、
全身耳になって、音楽を聞く場所である。


ところが、この日。

会場の80パーセントは、
アフリカ系の方が占め、
(実にカラフルなドレスを身にまとった方が多々。)
コンサートが始まるや否や、立ち上がり、踊り出し、
一緒に歌うという自体になった。

会場の係員が注意しようとする気配もなく、
カーネギーホールは、ダンスホールに変わったのであった。

ユッスーは1時間45分のショーをして、
そのあと、アンコールをさらに40分以上歌い、
途中、『みんな疲れちゃった? まだまだ歌うけどいい?』
と聞いたり、
観客を数人舞台に呼び込み、一緒に踊ろうとして、
それを見た警備員が飛び出してきて止めようとするところを
ユッスーがノープロブレム!と警備員を止めるといった光景もあり、
いやぁ、
違う世界があるということを目の当たりにして、
私は、えらく感動したのであった。

(私もついビデオを撮ってしまいました。)


コンサートが終わったのは11時近く。
娘は、疲れ切り、もしかするとショーのほとんどは
夢の中だったかもしれない。
ただ、彼女にとって初めてのカーネギーホールが
ユッスーのコンサートだったと
後々に彼女の友人に自慢してくれたら、
自分は嬉しい。Somiには本当に感謝。

2018年10月20日は、
親にとっても、実に思い出深い誕生日会になった。
さくら7歳、おめでとう。

2018年10月15日月曜日

Sharjah- St Louis-Chicago-NYC-Pittsburgh

9月末から10月の2週目にかけて、
Somi Bandで色々と旅してきました。

アラブ首長国連邦(ドバイ上空)

アフリカホール

まずアラブ首長国連邦のSharjahという街へ。
アメリカに戻ってからはSt Louis、Chicago、Pittsburgh
NYで、弦楽カルテットを加えてのライヴ。

Sharjahは、ドバイから車で30分の街。
中東の国に行ったのは、2010年に
バーレーンに行った以来か。
今回は2日のみの滞在。

日中気温40度前後で、あまり長時間は外に出歩けない感じであったが、
何も街を見ないのも寂しい気分になるので、
ホテルの周りを少し散策した。
外に出て5分くらいは、このくらいなら大丈夫かと
思う程度の暑さであったが、10分を過ぎると、
もうどこかの建物に入らないと死ぬかもしれない気分になった。
幸い、現代アート美術館があって、中東のアーティストの作品を
堪能することができて面白かった。
正直、中東圏の文化諸々に疎い私だが、
今回この美術館訪問で、ざっくりとだが、
みんな人間なんだよなぁという
わかっていることなのだが、そういうことを
再認識した。
今回のこの街でのコンサートは、首長国連邦の
王様の娘が企画したもので、
この方、日本語を含め5カ国語を話す才女で、
中東と世界の文化交流に努めているそうである。

現代アート美術館




アメリカに戻り、St LouisーChicagoーPittsburghとアメリカ中西部ツアー。
St. Louisは初めて行ったのだが、St Louisのあるミズーリ州は、
銃をライセンスなしに購入できる州らしく、
ギャングの抗争などで、発泡事件が絶えないらしいのだ。
行った日の前日に、地元のミュージシャンの母親が、カージャックされ
銃で撃たれて亡くなったというニュースも聞いた。
車で移動中に、歩道で、銃のストラップ買わないか?と聞いてくる
売人もいたり、なんだか西部開拓時代そのままのアメリカを
見た気がした。
行った日は、ケニーバロントリオが近くのジャズクラブで演奏していたので、
Somiのライブ終了後、夜道、襲われないか少しビクビクしながら聴きにいった。
なにはともあれ、久しぶりに、我がヒーローの一人、Kiyoshi Kitagawa さんの
素晴らしいベース演奏を聴けて嬉しかった。

Kiyoshi Kitagawa!
NYC では、弦楽4重奏を加えてのライヴ。
アレンジを担当しましたが、色々と学ぶこともあり
もっと色々と書いてみたい気にさせられた次第。

Somi Band +Strings at LPR, NYC


2018年9月20日木曜日

So you think you can dance




9月3日、
全米放送されている人気ダンスコンテスト番組、"So You Think You Can Dance"で、
Somiの”When Rivers Cry" という曲のイントロ部分がサンプルされて、
ダンスの音楽として使われるということがありました。
このサンプルされた部分というのは、私が、ストリングアレンジをした部分でして、
この箇所を気に入ってくれたダンサーの方がいたのかと、
驚く次第。

Sundance Theater Lab 2019

Sundance Resort 頂上からの景色 俳優ロバートレッドフォード達が、 設立した財団 Sundance Labが、毎夏、期間をわけて、 ユタ州のPark Cityに、 映画製作者や、演劇製作者を招待し、 寝食を共にしながら、創作活動を援助している。 ...