2020年10月18日日曜日

Quarantine Week 31

  アメリカのCOVID-19感染者数10月17日現在

感染者8260945人(先週75870266人)
死者223347人(先週218516人)

天地がひっくり返ってしまったかの様な2020年、
何が起きても不思議ではないが、
この何年も、自分のショーというものを
やっていなかった、そういう機会もなかった私に、
ソロピアノコンサートの仕事が来た。

11月2日(月)アメリカ東部時間夜7時から70分の
無観客ライヴストリーミング。
ワシントンDCのコンサートシリーズのプログラム。

あたかも、このコンサートのために準備していたのではないかと
思えるほど、Twitchで6月15日からソロピアノ曲のレパートリーを
増やしてきた私、これは、何か、この4ヶ月の
集大成コンサートになるのではないかと思っている。
もうけん玉もやってしまおうかと、企んでいる。

ということで、来週再来週のDodo's Practice Roomは、
このコンサートに向けた曲目選びとおさらいの時間に
していこうかと予定中。

コンサートの情報はこちら!
$5でストリーミングのリンクがもらえるそうです。
見てくれたら嬉しいです。
日本だと、11月3日(火)の朝9時からだと思います。

チケット情報はこちらから。





2020年10月11日日曜日

Quarantine Week 30

  アメリカのCOVID-19感染者数10月10日現在

感染者75870266人(先週7532768人)
死者218516人(先週213511人)

NYのブロードウェイは、来年5月いっぱいまで
閉鎖のニュースが出てきた。
アメリカは、やはりというか、5月どころか
来年いっぱいライヴショーはないのかもしれない
気がしてきた。

気が滅入る日もあるし、
なんとかなるさと、気が軽くなる日もある。

そういえば、6月15日から始めた
Twitch配信番組のFollower数が
今週、100人を超えた。

どこまで続けられるかわからないが、
これだけの方が応援してくださっていると
解釈して、もう少し頑張ってみようと思う。

2020年10月4日日曜日

Quarantine Week 29

   アメリカのCOVID-19感染者数10月3日現在

感染者7532768人(先週7219662人)
死者213511人(先週208475人)

2020年は、色々な事がありすぎて
整理がつかない感じだが、
今週は、めちゃめちゃな大統領候補の討論会があったかと思えば、
その後、現大統領がコロナに感染して入院というニュースに驚き。
そして今日は、友人であるピアニストの
海野雅威君が暴漢8人にNYCの自宅近くで襲われたニュースを聞き
心を痛めている。(事件は9月27日に起きたそうです。)


上記のリンクで募金を募っています。

1日も早い治癒を祈っております。

2020年9月27日日曜日

Quarantine Week 28

  アメリカのCOVID-19感染者数9月26日現在

感染者7219662人(先週6906885人)
死者208475人(先週203060人)

今年も残り3ヶ月あまりとなった。
アメリカ国のコロナ禍、一向に鎮静化の兆しもなく、
来年になっても音楽の仕事はなさそうな雲行きになってきているが、
どうしたらいいかのぉ。。。。

とりあえず、11月3日の大統領選じゃな。
その動向によって事は大きく変わるかもしれないし、
変わらないかもしれない。
祈るしかない。



2020年9月20日日曜日

Quarantine Week 27

 アメリカのCOVID-19感染者数9月19日現在

感染者6906885人(先週6618238人)
死者203060人(先週197250人)

この監禁生活も6ヶ月。
すっかり朝夕涼しくなったここ最近
不安である。

3月の段階では、まぁ、今年いっぱい乗り切れば
来年からは元に戻るかも、という淡い期待を描いていたが、
9月の半ばを過ぎても、特に、アメリカでの感染者数の伸びは
衰えを知らないし、死者も20万人を超えてしまった。
(なんでも、アメリカが関わった今までのどの戦争よりも
最も多い死者数を記録しているとのこと。)
来年も仕事はないかもしれない。。。

不安である。

数日前に、リベラルの最高裁判事Ruth Bader Ginsburgが
亡くなり、保守系の新しい判事を選ぼうと
共和党が動いていて、もし決まってしまうと、
保守系判事が多数派をしめてしまい、
アメリカは今後、妊娠中絶は違憲、銃規制は違憲、
感染症による経済活動停止は違憲、
LGBTQの権利も制限、などなどの流れに向かう可能性が
高まる。

これは、共和党の欲していることで、
この実現のためには、トランプ個人は支持しないまでも
共和党支持者は、共和党に投票する人が増える可能性がたかまり、
結局、トランプが再戦される可能性が。。。。。。。

不安である。。。。

とりあえず、11月3日、Bidenが選ばれてくれれば
来年に期待がもてるのだが、もしそうでないと。。。。

不安だ。。。。。

どちらが勝ったとしても
なんらかの争乱が起きそうで、、、、

不安だ。。。。

祈るしかない。



2020年9月13日日曜日

Quarantine Week 26

 アメリカのCOVID-19感染者数9月12日現在

感染者6618238人(先週6380795人)
死者197250人(先週191856人)

9/11から19年も経ったんだと。
2020年の現在進行形の衝撃の前に、
2001年の事件が遠い記憶に行ってしまう
感じがあるのはしょうがないことかもしれない。
(あの事件の死者の六十倍以上の方が
今年、亡くなっているアメリカ。あぁ。。)

隔離生活が始まってから半年が経つ。
Twitchを始めてから3ヶ月が経つ。
時間だけは確実に過ぎていくものだ。

色々今しかできない事をやって
しまおうという気持ちが
こういう形に出てしまうのがあれだが、
配信番組のオープニング用MVを
作ってみた。

今まで自分が培ってきたものが
こう言う形で結集したものとして
これはこれでここに置いていきます。
https://www.twitch.tv/torudodo








2020年9月6日日曜日

Quarantine Week 25

 アメリカのCOVID-19感染者数9月5日現在

感染者6380795人(先週6087725人)
死者191856人(先週186093人)

気づけばもう9月である。
娘の学校もリモート授業で再開した。
アメリカのコロナウイルスによる死者、いつのまにやら
立川市の人口(184497人)を超えてしまっているし。

昨日、娘の学校に教材を取りに行かなくてはいけず、
久しぶりに外出したついでに、本当に久しぶりに
近所のモールに立ち寄った。マスク着用願いますの
ポスターが店頭に貼られてある。

そう簡単にコロナに感染しないとは思うのだが、
必要なもの以外は、店内の人、物になるべく触れないようにしてしまう
自分がいた。このパンデミックも収束すれば、
触る事が苦になくできるようになるのかと思うが。

仕事は戻る気配はないが、
Twitch配信は続けている。

いいともインタヴューという企画で、
ここ最近、初対面の方とお話する事が
続いていて、なかなか緊張感があって面白い。
(このような企画に付き合っていただいた方々には
感謝しかない。)

子供の頃は極度の人見知りだった自分だが、
今となっては、こんな事をしているのだから
面白いものだ。

一方で会話術を勉強しないといけないと思う今日この頃。
いかにいい質問ができるか、いい聞き手になれるか。
学びの機会をいただいている次第。

2020年8月30日日曜日

Quarantine Week 24

 アメリカのCOVID-19感染者数8月29日現在

感染者6087725人(先週5792648人)
死者186093人(先週179222人)

いやぁ、もう8月も終わりですね。
時間の流れがここにきて速くなってきたような。

先行きの不安はあるのですが、
当座、目の前のTwitch配信のことで
毎日忙しいといえばとても忙しい。

まだまだできるかなぁと。
自分が楽しめるうちは
続けていきたいと思うのですが。
皆さん、見てくれるかな???  (いいともーーー!)

それにしても、
アメリカ国は、本当にニュースに
事欠かない。

大統領選の年は、いつも荒れるが、
今年に限っていうと、
本当に、内戦がおこるのではないかと思うくらい、
国内の分断が激しいように感じる。

というか、いまだに、現職大統領の再戦を
望んでいるいる人が、それなりにいる、と言うことが
恐ろしい。

普通に大人な人たちが
当たり前に語ってくれた民主党大会。

クレイジーな人たちがクレイジーな事を
喚き散らして終わった共和党大会。
さらに、ホワイトハウス内に
観衆を招き入れ、
(しかもマスクもソーシャルディスタンスもない
セットアップ)
ヒトラー気分になって70分にわたり
大統領候補受諾演説をした現職の一番クレイジーなあの人。

それと同時期に、またまた、
武器を持っていない黒人が、
彼の子供三人が見ている中、
背中から7発も警官に発砲される様子が
放送され、またまた
デモが全米で起きたりして、
プロスポーツ界も仕事をボイコットする動きがあったり。

こういう中、
ひたすら家で、
ピアノ、インタビュー、ビデオ編集、子供の相手に
明け暮れる生活を送る2020年の夏である。




2020年8月23日日曜日

Quarantine Week 23

アメリカのCOVID-19感染者数8月22日現在

感染者5792648人(先週5469593人)
死者179222人(先週171866人)

なんだかんだで8月も終盤である。
時間が早く過ぎている気がする。

Twitchを始めて10週が過ぎた。
今日、新たに2曲録画して、ソロピアノ作品が
20作品に達した。

月曜から金曜の5日で2作品を仕上げていく作業は
なかなか簡単なことではない。
しかし、
ピアノを弾くこと、アレンジをすることは
自分にとって好きな事であり、
この2ヶ月ばかり、実に幸せな時間を
過ごしているともいえる。
(パンデミックのおかげ?)
いつまで続けられるかどうかはわからないが、
2020年の記録になっているのは確かであり、
(仕事もないし、)
まだもう少し続けてみたいと思う、土曜日の夜である。

この監禁生活で、酒もコーヒーも飲まなくなってしまったが、
さらに、大リーグのこともかなりどうでもよくなってしまったのが
寂しいといえば寂しい。
我がRed Soxが先週から今週にかけて9連敗を記録したのが一番の原因であるのだが、
今年は、野球はキャンセルになったと思い込む事にした。

2020年8月16日日曜日

Quarantine Week 22

アメリカのCOVID-19感染者数8月15日現在

感染者5469593人(先週5107989人)
死者171866人(先週164506人)

アメリカは大統領選が近づいてきて、
これからますますクレイジーな事が起きていきそうで
少し怖い。

今大統領をやっている人は、今回再戦されないと
刑務所に行く可能性が高いので、必死に、インチキしてでも
選挙に勝とうとしている。

赤字の郵便局を財政支援しないことだったり、
郵便局長を大統領ファンの人につけたり、
郵便物を仕分けする機械を廃棄したり、
郵便ポストを撤去したり、
そういうことがすでに行われている。

コロナウイルスが蔓延する中
多くの人が郵便で投票することになるが、
配送を混乱させ、投票数無効にさせる魂胆が
丸見えかつそのことをあえて隠そうともしていない。

たとえ敗戦が決まったとしても
すんなりとはホワイトハウスから
出ていくことはない事は予想され、
まったく困った人をアメリカは2016年に
選んでしまったものである。

さて、

6月15日から始めた、Twitch配信、
来週で10週目に突入である。
YouTubeにあげたソロピアノ集も
今日撮影したものを合わせて18曲になる。

いいともインタビューと名付けた
NY在住の日本人へのZoom インタビューも
来週で9人目。
ここ2週間は、初めてお会いする方との対談になっていて
今週も全く初めてのお方。

初対面で1時間ばかり、どういうお話ができるか、
そういうチャレンジ企画になってきているが、
自分では面白い機会と思って楽しみたい。

こんな2020年だからできる、そういう事をとりあえず
まだ続けて見たいと思ってますので
応援いただけたら嬉しいです。

(毎週月から金曜日、日本時間夜10時30分から)








2020年8月9日日曜日

Quarantine Week 21

 アメリカのCOVID-19感染者数8月8日現在

感染者5107989人(先週4717992人)
死者164506人(先週156889人)

コロナウイルスによるアメリカの死者は16万人を超えた。
私の育った立川市の人口は約18万。
この比較が意味あるのかないのかわからないが。。。

9月から始まる娘の小学校はオープンするのだが、
リモート授業を選択できるようになっていて、
やはり安全をとって、リモートにした。

どうなってしまうんですかねぇ。。。


火曜日にハリケーンが通過し、
近所は停電、復旧に2日ほどかかっていた。
自分の家は幸い無事で、感謝。

今日も、今週の課題曲であった
The PeacocksとThe Man and The Womanを
撮影したのだが、
曲調がダークで、弾き終わった後、
なんとも陰鬱な気分になってしまった。

いつまでこんなにピアノに集中できる生活が
できるのかわからない。
とりあえず、2020年の自分の音を
YouTubeに記録としてアップロードしておくことは
自分がピアニストとしてここまで
生きてきた証になるかと。
(なんか悲壮感が漂ってる?)


8月だよ。夏真っ盛りだよ。


明日は日曜日。
自重体操でもしていい汗流そう。

2020年8月2日日曜日

Quarantine Week 20

アメリカのCOVID-19感染者数8月1日現在
感染者4717992人(先週4271549人)
死者156889人(先週148885人)

もう8月じゃ!
時間が経つのが、速く感じられてきた。
この調子であっという間に今年は終わるんだろうか。。。
コロナウィルスもどこかに行ってくれるんだろうか。。。

6月15日から始めたソロピアノプロジェクトも今日録音した2作品を加えて
14曲完成したことになる。

土曜日は撮影録音日にあてている。
今日の撮影録音、なかなかタフであった。
2分30秒あまりの曲相手に24テイクかかってしまった。
アレンジに問題ありやり直し、
演奏がままならずやり直し、
最終的に技術的に演奏無理な箇所があり、
急遽アレンジの変更をしたり。

こんなに自分のピアノ演奏に向き合う時間など久しくなかったなぁと。
ある意味幸せなのだが。

Twitch & YouTubeプロジェクトを始めて以来、
日曜日はピアノに触れない休日にしている。
休みも重要じゃ!

2020年7月26日日曜日

Quarantine Week 19

アメリカのCOVID-19感染者数7月25日現在
感染者4271549人(先週3796880人)
死者148885人(先週142446人)

マスク嫌いだったアメリカの大統領は、ようやくマスクをする事は
愛国的だ、等と言い出した。4ヶ月遅い気がするが、
これで少しはパンデミック収束の始まりになればと
期待するが。(10月にアメリカで
ワクチンが認可される噂も聞くが
さてはて。。。。。)

Twitch チャンネルも始めてから、はやいもので、6週間がたった。
今週は、配信途中でソフトが不具合を起こすことが少なくなり
だいぶ落ち着いてきたかと。。。。

今週は、火曜日にSomiさんインタビュー
水ー金まで、いいともインタビュー(海野雅威さん)を配信。
今後、対談配信番組になっていくのかしら。

色々勉強させられます。
英語も日本語も下手な私がよくインタビューとかしているのだが、
やりながら覚える、
失敗して反省する、
よく寝て立ち直る、
とにかくやってみる、
2020年の思い出作り、
失う物はない。
ただし、ピアノはうまくなりたい。
(けん玉も)

これだけ心がけて
来週も頑張ろうと思う。
見てくださっている方々、本当にありがとうございます。

2020年7月19日日曜日

Quarantine Week 18

アメリカのCOVID-19感染者数7月18日現在
感染者3796880人(先週3288530人)
死者142446人(先週136636人)

収束する気配がまるでないアメリカのパンデミック状況。
(感染者数が1日で6−7万人で動くここ最近)
それでもNY,NJエリアは落ち着いてきていて、
テラスを出せるレストラン等では、ジャズバンドも
演奏し始めている様子。
NYCのジャズクラブも、無観客で配信ライヴを
始めるところも増え出した。

私は、相変わらずTwitch チャンネルで
ソロピアノアレンジプロジェクトを進めている。
今日、2曲撮影終了。
これで配信番組を始めて10曲完成したことになる。
このペースでどこまでできるか、自分でもわからないが、
今年の年末までいったら50曲はレパートリーができる計算になる。
(もしできたらすごいし、今日で10曲できただけでも
かなりよくやったな、自分!と言ってやりたい。。。)

配信技術的には、相変わらず波があって、
安定している日もあれば、不安定な日もあり、
人生模様そのままである。

とりあえず無線配信をやめて
有線配信に切り替えた。

切替た初日、安心しきっていたら
配信ソフトが赤ランプを点灯させた瞬間があり、
私は、焦って、一度コンピューターをリセットさせたが、
後から、画面が一部固まったが、配信は続けられていたと
聞かされ、一人でジタバタしている有様に
落ち込むこともあった。

やりながら覚えていく方式をとっている私は、
この1ヶ月本当に、勉強させてもらっている。
まだまだわかっていない事も多いと思うのだが、
その都度、学習していくしかない。

笑っていいとも方式のNY在住日本人インタビュー企画、
さらに今日は、Somiにもインタビューした。(これは火曜日に3週にわけて配信予定)
今まで人にインタビューなどしたこともなかったが、
これもまたものすごい勉強になっている。
(Shuya Cafe de Ramen のオーナー&シェフのShuyaさんとは、初対面でありながらーーー
一度、ちらりと東京でお会いしたことがあったらしいのだがーーーーーーー
貴重なお話を聞かせていただけて、感謝しています!)


はじめてしまったからには
続けるしかないなと、思う今日この頃。

https://www.twitch.tv/torudodo



2020年7月12日日曜日

Quarantine Week 17

アメリカのCOVID-19感染者数7月11日現在
感染者3288530人(先週2902939人)
死者136636人(先週131929人)

アメリカ合衆国のコロナウイルス感染者数の
増え方が加速している。
今、大統領をやっている人は、まるで対策に興味ない様子だし、
国民も感覚が麻痺して、パンデミックの最中にいる事を
忘れてしまっている感じもする。
どうやって終息するのか。。。。
アメリカ国は11月の大統領選で、とりあえず
今、大統領をやっている人を引き摺り落とさないと
本当にヤバい状況になりそうで、それが怖い。

Twitchでの配信プロジェクトは四週目を終えた。
おかげさまで、先週末にフォロワー数が当初の目標であった
五十人を超えて、月曜日の放送は、最高の気分であった。

ところが、火曜日、配信ソフトが不具合を起こし、
配信がストップしてしまった。
さらに、その事に事に気づくのに遅れ、
15分−20分ほど空白の時間を作ってしまった事。

水曜日も途中でソフトが不具合を起こし、
一度配信を止め、ラップトップをRestartさせて
配信を続けたり、

木曜日もしょっぱなからソフトの調子が悪く
再びラップトップをRestartさせたり、と
この3週間ほど経験してこなかった不手際を演じ、
かなり凹んでしまった。

金曜日は、思い立って、配信ソフトをシンプルなものに変えてみたところ
無事に放送ができて、今後、しばらくこのソフトでやってみようと思う。
3歩進んで2歩下がった感じなのだが、
これも勉強だ。
(便利な機能満載なStreamlabs OBSというのを使用していたのだが、
自分の持っているラップトップではうまく走行しないようなので、
基本的な機能のみが付いているOBS Studioでやっていくという結論に。)

見放さず放送を見てくださる方々、本当にありがとうございます。
来週は、安定した配信をしたいと思ってますのでよろしくお願いします。

https:www.twitch.tv/torudodo


2020年7月5日日曜日

Quarantine Week 16

アメリカのCOVID-19感染者数7月4日現在
感染者2902939人(先週2566252人)
死者131929人(先週127652人)

Twitch チャンネルを6月15日から始めて
3週間が過ぎた。
いい意味で音楽に集中できる時間が増えた事。
パンデミックで世の中、特にアメリカ国は
かなりめちゃめちゃなのだが、そういうところから
ちょっと現実逃避をしている気もしないでもないが、
自分の中ではものすごい刺激を受けている。

7月4日に、フォロワー数が当座の目標であった五十人を超えた。

本当にありがたいことです。

手探りで、(って今もそうなのですが、)
とりあえず始めてしまったこのプロジェクト。

サポーターの方の温かい応援で
ここまで来れています。

感謝感謝です。

これからも、もっと。いい番組にしてみたいという
気持ちが強まります。

毎週1、2曲、新しいソロピアノ作品を
作っていく作業は、
簡単ではないが、
これが、一番、自分にとっては、
毎日やってて楽しい事である事には
違いないわけで、
それを応援してくださる方が
いることが、何よりも幸せであります。

この喜びを伝えるPVを明日作って
月曜日に配信する予定ですので、
よろしくです!!!!

https://www.twitch.tv/torudodo

2020年6月28日日曜日

Quarantine Week 15

アメリカのCOVID-19感染者数6月27日現在
感染者2566252人(先週2302316人)
死者127652人(先週121600人)

アメリカのコロナウイルス感染者数が減らない。

1日の新規感染者数が4万5千人増加を昨日記録している。
早期に経済を開放させた州の
感染者数が増加している。困ったものだ。。

NY、NJ州は、レストランのテラスでの
食事が認められて、それに伴い、ジャズミュージシャンの
生演奏もぼちぼちと始まっているようだ。

ただ私は、今のところ、次の演奏の仕事というのが
いつになるのか未定である。

当座、自分で始めた、
毎週月曜日にソロピアノ作品を1、2品YouTubeにあげる。
月曜日から金曜日まで、Twitch チャンネルで、
アレンジを仕上げていく。
というプロジェクトを続けていく。

2週間が終わって、配信トラブル自体はなくなったので、
これから思い切ってバカをやりながら
一方で、音楽を真面目にやって行こうと思う。

ここ数年なかった、創作意欲が、配信番組を始めてから
出てきている。
自分の今までのアメリカ生活20何年で養った
あらゆる音楽的アイデアを
くだらないビデオクリップ撮影、くだらないジングル作成、
しょうもない歌入れ、といった事に費やしてる。
それが、苦になっていない。
こういう事が好きなんだろうと思う。
(もちろん、ソロピアノアレンジという事もの自体が大変な作業なのだが。)

とりあえず勢いで始めてしまったが、
来週も月から金までやってみようと思っている。
フォロワーがもっと増えるといいのだが。
(目下五十人が目標。あと17人!)

https://www.twitch.tv/torudodo



2020年6月21日日曜日

Quarantine Week 14:Twitch 配信始まる。

アメリカのCOVID-19感染者数6月20日現在
感染者2302316人(先週2121417人)
死者121600人(先週117246人)

NY
州は、感染者392452人(先週387910人)
死者31083人(先週30795人)
NJ州は、感染者数168834人(先週166605人)
死者12924人(先週12621人)

今週は、自分でたちあげた配信番組企画、
Dodo's Practice Room の一週目であった。

https://www.twitch.tv/torudodo


月曜から金曜まで、緊張が途切れず
あまり眠れない日が続いた。
こういう感じは、久しぶりの感覚である。

私は、この9年くらい、自分のプロジェクトを
やってこないできていた。
サイドマンは、責任を負わないし、ある意味、気楽である。

今回は、自ら企画考案、自ら自分の首を締めているかもと
思う時もあったが、やってみないとわからなかった事がたくさんあり、
色々学ばせていただいた。
(配信初日二日は、途中で音声が出ず、慌てた事といったら。。。)

毎週、新たなピアノソロ曲を作っていくという目的、
アレンジ風景、練習風景をそのまま配信するという事、
けん玉の練習、
その他に、色々なエンタメの要素を加えていくという事を
一体いつまでつづけられるかわからないが、
来週もがんばってみよう。
もう少し、眠れるといいのだが。

2020年6月14日日曜日

Quarantine Week 13

アメリカのCOVID-19感染者数6月13日現在
感染者2121417人(先週1956701人)
死者117246人(先週111058人)

NY
州は、感染者387910人(先週382331人)
死者30795人(先週30280人)
NJ州は、感染者数166605人(先週163893人)
死者12621人(先週12106人)




私、こんなご時世で何ができるかと考えてましたが、
こういう事をしてみようと思います。

Twitchという媒体がありまして、
そこで、月曜日から金曜日まで決まった時間に
ライヴストリーミングをしてみようかと。

今考えているのは、毎週1、2曲選んで、
5日に渡ってピアノソロ演奏用に仕上げていく作業を
そのまま配信してしまうというもの。

(もしできれば、その週に仕上がった曲を
週末に撮影してYouTubeにあげて行こうかと。)

いつまで続けられるかわかりませんが、
とりあえず、6月15日から試験的に
始めてみようと思っています。

https://www.twitch.tv/torudodo

Dodo'sPracticeRoom

月曜日ー金曜日
日本時間夜10時30分から11時30分(12時)

第一週は、Stomping at the Savoy とWhat a Wonderful Worldを
テーマにやってみたいと思っています。
チャットもできるので参加していただけると嬉しいです。
というか、初めてのネット配信で、技術的に不具合が
生じる可能性もありますので、ご了承ください。


2020年6月7日日曜日

Quarantine Week 12

アメリカのCOVID-19感染者数6月6日現在
感染者1956701人(先週1805773人)
死者111058人(先週105022人)

NY
州は、感染者382331人(先週374706人)
死者30280人(先週29710人)
NJ州は、感染者数163893人(先週159608人)
死者12106人(先週11634人)

ミネアポリスで起きた、George Floyd氏の警察官による殺害事件を
契機に、長年にわたる人種差別の歴史と警察の暴力、
パンデミックによる未来の閉塞感、
そして現大統領への不満すべてが合わさって
一気にデモが全米(のみならず世界中で)で勃発。
一部暴徒化し、また警察や軍が出動し、
そのやりとりで一部の警官の過剰な武力行使がまた火に油を
注ぐ有様。

一応、手をかけた警察官4人はすべて逮捕されたり、
ミネソタ州やNY州は、今後、警察のシステム改善を掲げたり、
ツイッター等、一部のSNSは、大統領の危険な発言を削除したり
Black Lives Matter運動に批判的だった全米プロアメフト協会も
謝罪したりと、流れが変わってきている。

私は、人生の半分以上の時間をアメリカで過ごしてきているものの、
いまだに、旅行者としての自分を見る。

音楽の力だけで、どこまでこのアメリカ国でやっていけるのか、
そこを生きがいにしてきた面がある。

ありがたいことに、私は、白人が主にしきる職場でも
黒人が主にしきる職場でも仕事をさせてもらってきた。

旅行者として、調子よく、どちらの人種にも分け隔てなく
接してきたと思う。(個人レベルでは、どんな人種にも
いい人もあればいやな人がいるものだ。)

一般化するのはよくないのだが、それでも平均的に感じてきたのは、
白人が主にしきる職場(White Space)での気楽さ、それと対照的に
黒人のしきる職場(Black Space)での生真面目さである。

なんというか、やはりWhite Spaceには自分が日本で過ごしている時に感じる、
全てのことが当たり前と思い、甘えらえるしお気楽にバカなことができる
雰囲気がある。

一方、Black Spaceは、全てのことが当たり前ではなく、常に敵に対し
戦闘モードなのである。(この場合、敵というのは、特定の白人ではなく、
白人がつくりあげたアメリカ社会のシステム全体の事。)

所詮旅行者、両方の世界を見ておこうというスタンスでここまできた自分なのだが、
娘も生まれて、彼女はこの国の教育を受けてきて、考え方もこの国の考え方に
なっていくのだろうし、この国のシステムで、旅行者ではなくて、
この国の国民として生活していく場合、
有色人種という事をかなり自覚していくであろうし、
自分の感じているレベルでのお気楽さを、White Spaceでは感じないのかもしれないと
想像もする。

わからない。

今回のBlack Lives Matter運動、そして11月の大統領選の結果を通じて、
アメリカ社会がどういう方向に向かっていくのか。
旅行者として、少し離れた冷静な目線で観察していきたいと思っている。
かつ調子よく。うん。

2020年5月31日日曜日

Quarantine Week 11

アメリカのCOVID-19感染者数5月30日現在
感染者1805773人(先週1659972人)
死者105022人(先週97389人)

NY
州は、感染者374706人(先週365139人)
死者29710人(先週28148人)
NJ州は、感染者数159608人(先週153140人)
死者11634人(先週11082人)

このコロナウイルスのおかげで、
アメリカの病であった学校銃乱射事件はなくなったのだが、
もうひとつの人種差別の病は、さすがに治すことはできなかったようで、
毎度のごとく、黒人が、白人や警官に理不尽に殺される事件が
止まらず、究極的には、今週始めミネアポリスで、偽札を使った罪で逮捕時に
無抵抗であった黒人男性の首に、白人警察官が膝で8−9分間おさえつけて窒息死させる事件があり、
(目撃者がビデオ撮影をしていて、ニュース公開された。)
しかもその警察官四人は、解雇されたものの、逮捕されていないことに
抗議のデモが全米各地で勃発し、一部、暴徒化して、今日も
フィラデルフィア市では、火災が発生している映像を見た。
(昨日、警察官四人は殺人で逮捕されたようです。)

ソーシャルディスタンスを守って外出も控えましょう、
なんていうパンデミック対策どころではなくなってしまった
アメリカ国。

奴隷とされた人種の400年越しの恨み辛みが、
ここに来て一気に爆発するのも、
もうしょうがないとしか言いようががないです。
暴力には暴力でに、なってしまいますよねぇ。
もうしょうがないです。

それでもって大統領が、独裁者気取りの白人至上主義者のあの方なので
平気で内戦をけしかけることをしそうで、
それも怖いです。

コロナも何も終息しない、地獄の扉を開いてしまったかの
様相です。。。

私の住む街は今の所いたって平和で、ニュースを見ないかぎり
何も変わらない家ごもりの日常が続いているのですが。
歴史的瞬間を体験することになる気がして、
緊張してないといえば嘘になります。
数年後に、2020年は大変な年だったねぇ、
と明るく語れればいいのですが。。。。

2020年5月24日日曜日

Quarantine Week 10

アメリカのCOVID-19感染者数5月23日現在
感染者1659972人(先週1499610人)
死者97389人(先週89461人)

NY
州は、感染者365139人(先週353824人)
死者28148人(先週27628人)
NJ州は、感染者数153140人(先週145089人)
死者11082人(先週10261人)

この巣ごもり生活が始まってから、
日々、お世話になっているサイトをここに一覧。

fitnessblender.com
ロックダウン以前、私は自重トレーニングというものを知らなかった。
部屋にいて、器具もいらずに体を鍛えられる運動に
魅せられた私。週に5日くらい30−40分くらい
このサイトを見ながら汗を流しています。

Musician on a Mission 
YouTube サイト。
Logic Pro X の扱い方をここで学んでいます。


Kendama Tricks & けん玉検定の技
どういうわけか、精神的に退化してしまったのか、
剣玉にハマってしまった私。それぞれのビデオに登場する方々は
私の最近のヒーローです。

NJ Department of Labor & Workforce Department
失業保険の手続き中にて。。。


最近、アメリカ国内は経済再開の動きが活発化してきているので、
私の仕事も夏以降どういう動きがあえるのか、
案外早くに回復するのか、淡い期待もあったのですが、
知り合いのベーシストが、今年12月の仕事もキャンセルになったと
彼のFacebook Pageの書き込みを読んで、暗澹たる気持ちになった。
具体的にどのような仕事がキャンセルになったのか詳しくはわからないのだが、
さてはてふむー。

2020年5月17日日曜日

Quarantine Week 9

アメリカのCOVID-19感染者数5月16日現在
感染者1499610人(先週1343856人)
死者89461人(先週79656人)

NY
州は、感染者353824人(先週343994人)
死者27628人(先週26612人)
NJ州は、感染者数145089人(先週137397人)
死者10261人(先週9116人)

アメリカは、多くの州でロックダウンを解除する動きが
始まっている。まだ何もこれといった対処療法もワクチンも
できていないなか、経済を守る動きになっている。
6月(5月末?)には、全米の死者は10万人を超えるペースで、
あまり終息する気配がないのだが、大丈夫なのだろうか。
(NY州、NJ州はここ最近、数字的には沈静化してきてますが。)


天気のよかった木曜日に、近くの公園まで娘を連れていった。
様子を見に行くだけにしようと思っていたのだが、
公園は解放されていて、それほど混雑している様子でもなかったので、
少しだけ、外に出てみた。

私は、ゴミ出しにたまに家の外に出ていたが、
娘は、この2ヶ月、ベランダ以外、本当に外に出ていなかった。

娘は、芝の上に降り立つと、
無我夢中で走り出した。
私も追いかける。

何度となく
『人のいるところは行っちゃダメだよ!』』
注意した。

『わかってる!』
とまた駆け出す。

二人して息を切らして芝の上に座り込んだ。
笑顔だった。

久しぶりの外の空気を肺に入れ込むこと、
土の匂いを吸い込むこと、
忘れていた感覚であった。

マスクも用意しないで来ていたので、
散歩する人たちが近づいてくるたびに
脇道にそれることを繰り返し、
車に戻る。
家に着いて、激しく手洗いにうがい。

これでコロナウィルスに罹患してしまったら
よっぽどなことだが、今のところ、
足の筋肉痛だけですんでいる。

2020年5月10日日曜日

Quarantine Week 8

アメリカのCOVID-19感染者数5月9日現在
感染者1343856人(先週115989人)
死者79656人(先週67088人)

NY
州は、感染者343994人(先週319449人)
死者26612人(先週24303人)
NJ州は、感染者数137397人(先週123717人)
死者9116人(先週7742人)

5月6日に合衆国からの義援金が予定のおよそ1ヶ月遅れで
送金されて、少し安堵。
なにはともあれ、健康とお金がないと
どうしようもなくなってしまいますからねぇ。。

娘の学校は、今年度はホームスクールが決定。
9月から登校ができるかどうかは、今後の
展開次第との事。
娘は、相変わらず、学校に行かない事はまんざらでもない様子で
助かるといえば助かるが、この非常時に何も役に立たない父親と
毎日顔合わせていて、教育的に大丈夫なのか心配にもなる。

今週は、娘とコンピューターゲームに明け暮れる時間が多かった気がするので、
(自分が楽なんで)
もう少し、スクリーンタイムを削減した付き合い方をしないといけないかもという
反省もする。

娘が好きなのは、ごっこ遊びで、人形や動物のぬいぐるみ片手に、
娘の作る設定台本通りに私も演じなくてはいけない。
(今日は、動物レスキュー隊になって、森で怪我をしたぬいぐるみの動物を
治療してあげるごっこ遊びを2時間近くした。)
私も一度、娘と同じモードに精神状況が許せばいいのだが、
かたや、お金の工面などを案じたりしている中、
『狼さんが、足を怪我しています。すぐヘリコプターにのせて、
病院に行きましょう。さぁさ、麻酔して、縫いましょう!』
40歳離れているこの生き物と同じ世界に行かなくてはいけないのが、
なかなかキツイ。
そのうち、娘も成長して、ごっこ遊びなどしなくなるのだろうし、
こうして遊べるのも今だけなのかもしれないが、
この『今』が、つらい。(笑い)
コンピューターゲームを作ってくれた人たちには本当に感謝。
親に休息を与えてくれる。。。


そういえば、今日(5月9日)あられや雹が降った。
気温も体感温度が0度を切った。
もう何が何だかわからないのだ。

2020年5月3日日曜日

Quarantine Week 7

アメリカのCOVID-19感染者数5月2日現在
感染者115989人(先週958858人)
死者67088人(先週53735人)

NY
州は、感染者319449人(先週287490人)
死者24303人(先週21802人)
NJ州は、感染者数123717人(先週105498人)
死者7742人(先週5914人)

今週は、知り合いから自宅録音の依頼、
娘の学校のPTAから、エンタメビデオの作成依頼があり、
それに集中できた事で、少し現実逃避ができた感じであった。

これまであまり自宅録音やビデオ撮影といった事に
興味が向いていなかったが、こういう事態になると
自宅で何ができるかが、問われるわけで、
録音や撮影の事はしっかり取り組んでいった方がいいのかなと。


自宅録音だが、まず、自宅には
普段は全く気にしていないのに、
ノイズが出るものが結構あるのですよね。
時計の秒針、冷蔵庫のモーター、
床やピアノ椅子のきしみ、
もちろん近隣の騒音、
あと娘。

時計は隣の部屋に移動、
冷蔵庫の特に大きいノイズが出るタイミングを知り、
なるべくフレーズ間の余白部分で、体を動かさないで
軋み音を防ぎ、
隣近所の人が大人しい時間を前もって知り、
娘には、『大人しくしてて!トイレは今行って!』
と頼み込む。

録音マイクも、Zoomの携帯録音機で
撮ってたりしてるので、限界もあるのでしょうが、
まぁ、それなりな音には録音できたかなと。


ビデオ撮影にしても、iphoneで行ってるし、
編集もiMovieだし、チープ感丸出しなのだが、
とりあえず、笑いは取れる内容になったかなぁと。
自分の英語の訛りのひどさと、立ち振る舞いの
気持ち悪さを認識させられて、
そういう事も含めて、自分を知るという事は
重要な事なのだなぁと実感した。


えっと、そうそう、世の中、コロナウィルスで大変でしたね。
NJ州の失業者保険が認められない通知が来て、
また少し頭を抱える事もありましたが、
なにしろ、頼まれた仕事をやれた事で、
気が紛れた1週間だったなと。

2020年4月26日日曜日

Quarantine Week 6

アメリカのCOVID-19感染者数4月25日現在
感染者958858人(先週741786人)
死者53735人(先週38843人)

NY
州は、感染者287490人(先週242570人)
死者21802人(先週17627人)
NJ州は、感染者数105498人(先週81420人)
死者5914人(先週4070人)

アメリカ国のCOVID-19による死者は、ベトナム戦争の
米軍の死傷者を超えたらしい。
ものすごく早いペースで、相当な命が失われている現実。
一方で、家に閉じこもって、ニュース等特に気にかけないで
いられるのであれば、静かな平和な日常を持てる。
毎日、9/11級の死者が出ているのにかかわらず、だ。


現在、徴兵制のないアメリカは、たくさん戦争しているのに
かかわらず、常に他人事でいられるメンタリティがあるという
記事をどこかで読んだことがあるが、
今回のコロナウィルスに関しても、
実際に身近に感染者がいない限りは、なかなか、
悲惨な現状を感じられない面があるのかなぁと。


今週は、一部の州で、経済再開を訴えるデモが起きたり、
大統領が、消毒剤を注射すればウイルスを撃退できると発言したり、
こういうのも、自分や家族が健康である場合、
外では多数、亡くなっているのにかかわらず、
その死の実感が持ちにくいところが、こうした少し、
トンチンカンな行動や発言につながるのかなぁとも思った。
(まぁ、今の大統領はそうでなくてもいつもトンチンカンなのだが。)

あぁ、4月ももう少しで終わり。さくらの花も満足に見れなかったなぁ。

私は、今週は時間割を作って、ピアノの練習をした。
とりあえずメンテナンスはしておかないと、と思った次第。
あと、しょうもない剣玉ビデオも作った。
しょうもない事しかできない自分がほんとにしょうもないと思う。



2020年4月19日日曜日

Quarantine Week 5

アメリカのCOVID-19感染者数4月18日現在
741786人(先週533814人)
死者38843人(先週20588人)

NY
州は、感染者242570人(先週181825人)
死者17627人(先週8650人)
NJ州は、感染者数81420人(先週58151人)
死者4070人(先週2183人)

ずっと家にいるので、まるで実感がないのだが、
相変わらず、毎日多くの方が亡くなっているのだ。
ジャズ界では、Lee Konitzがコロナのために
この世を去った。合掌。

この軟禁生活、あとどのくらい続くのだろうか。

Taylor Swift
も今年のツアーはすべてキャンセルとのこと。
やはり今年は演奏の仕事はないと思って間違いないかもしれません。
2020年は1月2月といい仕事に恵まれていて、(クルーズ船の仕事もしたなんて
今となっては信じがたいことです。。)最高の年になるなんて
思っていたのだが、開けてびっくり、最低最悪な一年になってしまった。
ってまだ4月の半ばなんですけど。
私は、全く、こんなことが起こるとは、今年の3月まで
考えたこともありませんでした。
(考えている人は考えているもので、テニスのWimbledonを主催する
The All-England Lawn Tennis Clubは、過去17年にわたって、
パンデミック保険に加入していたおかげで、今回のコロナウィルスによる
大会中止で、保険金が$141million支払われたというニュースがあります。)


アメリカ政府からとりあえず、救済支援金が今週の水曜日か木曜日に
銀行振込されるとのことだったのだが、私の方にはいまだ振込はなく、
1日に何度となく自分の口座をチェックしまう自分に疲れてしまった。
(税務局側で色々と混乱がおきているらしい、というニュースが出ています。)

失業保険に申請してもうすぐ1ヶ月になろうとしているが、こちらも、
いまだに審理中のまま。(申請を管理するウェブサイトが、50年前の
プログラムで作られていて、今回オーバーロードしてしまい、
このプログラムが分かる人を募っていて修復に時間がかかっているとの報道も聞きます。)

一方で、アメリカの数ある芸術支援団体による義援金支給にもいくつか応募したのだが、
今週の火曜に申請したLouis Armstrong Foundationから、今日(土曜)に、
義援金送金するとの連絡があった。本当にありがたい限りです。
(このにっちもサッチモ行かないご時世に。。。。すみません、シャレもさえません。。)


いつか、コロナウィルスも沈静化するのはわかっているのですが、
長い長いトンネルに入ってしまったかのようですね。

そういえば、このパンデミック日記の代わりになるかと思い、
今更ながら、Twitterを始めてみました。
Toru Dodo@ToruDodo
ひっそりと告知させていただきます。


くれぐれも感染に気をつけましょう。


2020年4月12日日曜日

Quarantine Week 4

軟禁生活が始まって1ヶ月が経ちました。

アメリカのCOVID-19感染者数4月11日現在
533814人(先週31万人)
死者20588人(先週8438人)

NY州は、感染者181825人(先週113833人)
死者8650人(先週3565人)
NJ州は、感染者数58151人(先週34124人)
死者2183人(先週846人)

テレビもネットも見ないでいれば、
とても平和な毎日なんですが。。
多くの方が亡くなっているのですよね。。。

だれかのツイッターに、
地球にとっては、人間がウィルス。
COVID-19は、ワクチンなんだと、書いてあるのを見て、
そういうこともあるかな、と。

今日、NYCの市長が、公立学校の開始は9月になるとの
見通しを発言したらしいのですが、ということは、
あと最低4ヶ月、この生活を続けなくては
いけないということかと。
となると、まぁ、やはりライヴ活動的なことは
2020年はもうできないかもしれない可能性が
かなり高まってきました。(この予想、はずれてくれたら嬉しいのですが。)


今の所、食材も足りて、住む家もあって、
家族も元気でいてくれるのはありがたいことです。
娘とは、学校の宿題をすませた後は、
映画鑑賞、音楽鑑賞、HIT Training, 絵画工作、
ピアノ、バイオリン、折り紙、けん玉、フラフープ、ダルマ落とし、
ヨーヨー、オセロ、ごっこ遊び、オリジナルソング作り、ストーリー作り、
コンピューターゲーム等で、やり過ごした次第。
とりあえず、娘との思い出つくりは、否が応でもできてしまうのは確実。
あとは、資金繰りですな。。

今週の作品
Thank You for All the Heroes!の飾りつけ

うさぎ

Quarantine Week 31

   アメリカの COVID-19 感染者数10月17 日現在 感染者8260945人(先週75870266人) 死者223347人(先週218516人) 天地がひっくり返ってしまったかの様な2020年、 何が起きても不思議ではないが、 この何年も、自分のショーというものを やっ...