2017年10月10日火曜日

南アフリカードイツ

 9月の最終週に、
Somiに連れられ、2年ぶりに南アフリカのヨハネスバーグ、
そしてドイツのハイデルベルグに行った。

ヨハネスバーグで今年20年目を数える
Joy of Jazz Festivalで演奏。
ブランフォードマルサリス、ジョシュアレッドマン、クレイトン兄弟、
サリフケイタ等、錚々たる面々が、同じホテルに宿泊して、
食事時やコンサート後は、ホテル内のレストランは、
一大パーティー会場の様相であった。
ジャズを聴き始めた自分が、アイドルのように思っていた
面々と同じ会場で演奏していることに感無量になった次第。

ブランフォード!

ジョーイカルデラッツォ!

グレッグハッチンソン&ジャスティンフォークナー




さらに、デビッドマレイバンドで高瀬アキさん、
ニーナフリーロンバンドで、早間ミキさんも来ていて、
こういう場所で日本人音楽家に出会えて、
喜びに満ちたフェスティバル体験でありました。

高瀬アキさん

早間ミキさん




ヨハネスバーグという街は、治安の問題で、気楽に
歩きまわれないのが、残念なところなのですが、
車で移動中にこういうものを発見して、思わず写真を。




ドイツのハイデルベルグでのショーで弾いた
スタインウェイは、今までで出会ったピアノで一番よかったかもと
思わせるピアノだったことをここに書いておきます。

Somi @Heidelberg