2018年4月22日日曜日

23年

アメリカ在住23年になった。
なんとまぁ人生の半分を外国で過ごした事になる。
気持ちは23歳なのですが、と書いている自分がとてもキモい感じですが。 

今のところ、声をかけていただいて
演奏の機会にはとても恵まれていることは 感謝するしかないのですが、
どこまで続くのでしょうかねぇ、こういう生活は。 

そういえば、自分が最初にボストンに来た年(1995年)は、
 野茂投手が大リーグに渡った年だったのです。
バークリー音楽院の寮で、ドジャースのユニフォームを
まとった彼の投球をテレビでよく見た記憶があります。
その23年後、大谷選手(1994年生まれ)のような,
とんでもない才能を持った方が 今シーズン、大リーグで活躍しているのを見て
感慨に浸ってしまうのは、 自分もかなり年をとった証拠かもしれません。 

(応援するボストンレッドソックスが
今シーズン17勝2敗(4/20現在) ぶっちぎりの出だしを見せていて嬉しい限り。)

 娘(6歳)も最近、親との日本語の会話中に
やたら英語が 飛び出るようになってきて、日々驚かされるのです。
自分が6歳の頃、 what the....,   are you sure?、
といったフレーズ等、知る由もなかったわけで、
この子はいったいどんな塩梅な人間になっていくのか
興味深いところです。
ピアノもやるにはやるのですが、
毎日練習という 熱気はあまり感じられず、
されど親としてもあまり強制はさせたくないところです。
娘の学校の課題で、自分の夢を書かせられた時、
ピアニストになりたい、と書いていたのには実に驚かされたのですが、
今の普段の生活を見ていると、
とてもピアニストになる気配を感じさせません。
 もっとも自分が彼女にピアニストになってほしいかと聞かれると、
 それもまた答えるのに難しいところではありますが。 

何があるかわかりませんが、
とりあえず、これからしばらくは、
自分の人生は外国で暮らした時間の方が
長いことになっていきます。

Sundance Theater Lab 2019

Sundance Resort 頂上からの景色 俳優ロバートレッドフォード達が、 設立した財団 Sundance Labが、毎夏、期間をわけて、 ユタ州のPark Cityに、 映画製作者や、演劇製作者を招待し、 寝食を共にしながら、創作活動を援助している。 ...