2018年10月23日火曜日

7 year old

10月20日は娘の誕生日。

これまで友達の誕生会に何度か誘われて、
みんなで遊んでプレゼント交換、
みたいなものを経験している娘は、
わたしもそういう誕生日がしたいという
リクエストは受けていたのですが、
なにせ、無精な私は、まるで準備もままならず、
それではまずい、何かしないと、という感じで、
それなら、いい音楽コンサートにでも連れていってあげようかと、
調べたのが、4、5日前の話。

するとユッスーンドゥールがカーネーギーホールでやっている
ではありませんか。

この夏、マルセイユのジャズフェスで、Somiバンドは、
ユッスーと対バンだったおかげで、舞台袖から
彼のライヴを堪能したばかりだったのだが、
観客席からじっくり聴けたら最高、と思って
チケット購入しようとしたら売り切れ。

その代わりに、と調べていったら、
リンカーンセンターに
Big Apple Circus が来ていると知る。
子供は喜ぶに違いないとチケットを購入。


10月20日当日。
肌寒いNY、土曜日の午後。

サーカスのテントが設置されてあるリンカーンセンターの敷地内には、
立派な噴水があって、娘はしばし見とれていたので、隙をついて写真を撮る。



ここ近年、エンターテイメントの選択が増えて、
人があまりサーカスに興味をもたなくなってきたとか、
動物愛護団体が、サーカスの動物虐待を訴えるケースもあったり、
サーカスの人気に陰りが出ているといったニュースを読んだこともあり、
実際どんなものかという気持ちで、鑑賞したのだが、
いやいや、大変よくできたショーで、私自身思わず引き込まれてしまった。
娘も、終始笑顔でこちらも嬉しくなった。

ショーの途中、テキストメッセージが来た。
Somi からであった。
『ユッスーのコンサートチケット3枚あるんだけれど行きたい?』

本来、サーカスを見て、ご飯を食べて家に帰る予定であった。

私は、
『もちろん、行きます。ありがとう!!!』

サーカスが終わったのが、6時過ぎ。
コンサートは8時開演。
急いで、近くのレストランに入り夕食をすませ、
カーネギホールに向かった。

カーネギーホールは、自分にとって、
クラシック音楽のメッカであり、
ポリーニ、キーシン、内田光子等、
これまで、何度か偉大な演奏家を聞いてきた。
ジャズ音楽もコンサートが開かれていて、
ハンコックを聞いたこともある。

なんといっても、観客はいつも
礼儀正しく、物音一つ立てず、
全身耳になって、音楽を聞く場所である。


ところが、この日。

会場の80パーセントは、
アフリカ系の方が占め、
(実にカラフルなドレスを身にまとった方が多々。)
コンサートが始まるや否や、立ち上がり、踊り出し、
一緒に歌うという自体になった。

会場の係員が注意しようとする気配もなく、
カーネギーホールは、ダンスホールに変わったのであった。

ユッスーは1時間45分のショーをして、
そのあと、アンコールをさらに40分以上歌い、
途中、『みんな疲れちゃった? まだまだ歌うけどいい?』
と聞いたり、
観客を数人舞台に呼び込み、一緒に踊ろうとして、
それを見た警備員が飛び出してきて止めようとするところを
ユッスーがノープロブレム!と警備員を止めるといった光景もあり、
いやぁ、
違う世界があるということを目の当たりにして、
私は、えらく感動したのであった。

(私もついビデオを撮ってしまいました。)


コンサートが終わったのは11時近く。
娘は、疲れ切り、もしかするとショーのほとんどは
夢の中だったかもしれない。
ただ、彼女にとって初めてのカーネギーホールが
ユッスーのコンサートだったと
後々に彼女の友人に自慢してくれたら、
自分は嬉しい。Somiには本当に感謝。

2018年10月20日は、
親にとっても、実に思い出深い誕生日会になった。
さくら7歳、おめでとう。

2018年10月15日月曜日

Sharjah- St Louis-Chicago-NYC-Pittsburgh

9月末から10月の2週目にかけて、
Somi Bandで色々と旅してきました。

アラブ首長国連邦(ドバイ上空)

アフリカホール

まずアラブ首長国連邦のSharjahという街へ。
アメリカに戻ってからはSt Louis、Chicago、Pittsburgh
NYで、弦楽カルテットを加えてのライヴ。

Sharjahは、ドバイから車で30分の街。
中東の国に行ったのは、2010年に
バーレーンに行った以来か。
今回は2日のみの滞在。

日中気温40度前後で、あまり長時間は外に出歩けない感じであったが、
何も街を見ないのも寂しい気分になるので、
ホテルの周りを少し散策した。
外に出て5分くらいは、このくらいなら大丈夫かと
思う程度の暑さであったが、10分を過ぎると、
もうどこかの建物に入らないと死ぬかもしれない気分になった。
幸い、現代アート美術館があって、中東のアーティストの作品を
堪能することができて面白かった。
正直、中東圏の文化諸々に疎い私だが、
今回この美術館訪問で、ざっくりとだが、
みんな人間なんだよなぁという
わかっていることなのだが、そういうことを
再認識した。
今回のこの街でのコンサートは、首長国連邦の
王様の娘が企画したもので、
この方、日本語を含め5カ国語を話す才女で、
中東と世界の文化交流に努めているそうである。

現代アート美術館




アメリカに戻り、St LouisーChicagoーPittsburghとアメリカ中西部ツアー。
St. Louisは初めて行ったのだが、St Louisのあるミズーリ州は、
銃をライセンスなしに購入できる州らしく、
ギャングの抗争などで、発泡事件が絶えないらしいのだ。
行った日の前日に、地元のミュージシャンの母親が、カージャックされ
銃で撃たれて亡くなったというニュースも聞いた。
車で移動中に、歩道で、銃のストラップ買わないか?と聞いてくる
売人もいたり、なんだか西部開拓時代そのままのアメリカを
見た気がした。
行った日は、ケニーバロントリオが近くのジャズクラブで演奏していたので、
Somiのライブ終了後、夜道、襲われないか少しビクビクしながら聴きにいった。
なにはともあれ、久しぶりに、我がヒーローの一人、Kiyoshi Kitagawa さんの
素晴らしいベース演奏を聴けて嬉しかった。

Kiyoshi Kitagawa!
NYC では、弦楽4重奏を加えてのライヴ。
アレンジを担当しましたが、色々と学ぶこともあり
もっと色々と書いてみたい気にさせられた次第。

Somi Band +Strings at LPR, NYC


レバノン、ヨーロッパツアー

Somiのツアーで11月1日から18日まで、 レバノンからヨーロッパをまわってきました。 レバノンという国にまさか行くこと等 夢にも思ってなかったのですが、 音楽がというかSomiさまさまですが、 色々な世界に連れて行ってくれることに感謝。 首都ベイルートも...