2011年6月22日水曜日

首相職。

今、日本国の首相を喜んでやりたがる人って
果たしているのだろうか。


現在の日本が抱えている大問題を解決していく事の困難を思うと、
普通の日本人だったらどうしても及び腰になるのではないだろうか。
ものすごく過酷な決断をして、ある一部の国民には今後も、
より一層のとてつもない犠牲をお願いしないといけなくなるのだろうという事が、
容易に想像できる現状で、
まぁ、そういう事をするのが首相の仕事なのかもしれないが、
そういう事をしたいと思う人は果たしているのだろうか。

(ああいう状況でも福島原発で働く人達がいることを思えば、
こういう状況でも首相になる人達はいるはずとは思うのだが。)


現首相がなかなか辞任しないのが問題になっているようだが、
仮に辞めた場合、
与党も野党にも次期首相をやりたいと思う人がいないので、
実は、大変困ってしまう状況になってしまうのでは。
現総理が、どういう神経しているのかよくわからないが、
こういう状況でいまだに職にこだわりを見せている事に、内心、
ほっとしているまともな政治家が多いのではないかと思ったりもしてみたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿