2013年10月2日水曜日

New York City Opera 破産

自分の過去のブログによれば、それは、遡る事11年前、
2002年10月の事であった。

 当時、Cleopatra's Needleでジャムセッションのホスト業を
していた時、たまたまご飯を食べに来られた方がいらした。
演奏の休憩時間に私に話しかけてこられ、
お褒めの言葉を頂き、自己紹介された。
それが、山田敦さんであった。

そのひと月後に、山田さんからご招待をいただき、
 New York City Operaによる
Humperdinck の 『 ヘンゼルとグレーテル 』を
観劇した。
指揮をされたのが、この山田敦さんであった。
この日、日本人として初めて、NYCOの
指揮デビューされたのを目撃したのである。
しかもこれが、私の、初めてのオペラ生体験であった。

それ以後、山田さんとの交流が続いた。
数度となくNYCOのショーにご招待いただいた。
 山田さんが当時、担当していたJ-Waveの番組に
出演させていただいたこともあった。
NYの日本人会のクリスマス会で、
クリスマスキャロルをオペラ歌手とジャズバンドで演奏する
機会もいただいたりもした。
(初めてゴルフの手ほどきを受けたのも山田さんであった。)

その後山田さんは、NYCOから離れ、
2006年にアジア系のミュージシャンで編成した
The New York Asian Symphony Orchestraを立ち上げ、
国連やリンカーンセンター公演や日本ツアー等
勢力的に活動されていたが、残念ながら
 2010年5月に破産申請をするにいたる。

2009年の秋頃から 山田さんとは音信不通になってしまった。
現在、日本にいらっしゃるという話だけは人から聞いているのだが、
どうされているのかは知らない。

今日、NYCOが破産したニュースを知った。
なんでも2009年以降から急激に経営不振に陥っていた
そうである。その記事には、経営陣の手際の悪さを指摘する
内容があった。

ふわっと山田さんとの思い出が頭をよぎったわけで。
私のNY生活に彩りを与えてくださっていた
山田さんとNYCO。
なんというか、ひとつの自分の歴史の
ある章が、完全に終わった感じがしてます。

多分に感傷的になった百々徹でございました。

山田さん、どうかお元気で。

2 件のコメント:

  1. つい気になってしまって、ちょっとだけググってしまいました。
    一時ご病気をされていたとか?(しっかり裏をとっておりませんので悪しからず) 
    そして今年3月にはこんなお仕事をされたようです:
    http://successnet.bni-japan.com/my-bni-story/2013/000154.html
    東日本復興支援プロジェクト
    第2回ハンド・イン・ハンド コンサート (in New York)
    日時:2013年3月22日(金)20:00~
    会場: アメリカ ニューヨーク 「ジャズ@リンカーンセンター・ローズシアター」
    指揮 山田あつし
    音楽総監督 山田あつし
    チラッと調べてみただけですが、もしかしてお元気でいらっしゃるのかも?と思うとNew York City Opera 破産情報に暗い気持ちになった私としては少し救われたような気もしますです。ハイ

    返信削除
    返信
    1. Kacoさん、情報ありがとうございました。
      全く知らなかったので、驚いたのと同時に、
      お元気そうで安心いたしました。
      山田さんには、いつかお会いできればと
      思ってます。

      削除