2015年4月14日火曜日

小型飛行機体験

先週のことになるが、Somiさんの仕事で、
ニューハンプシャー州のDartmouth Collegeに行く時に、
小型飛行機に乗った。しかも、けっこう古めのタイプ。。
(お客さん最大6人プラス操縦士と副操縦士。)



自分の席の前の席にパイロットが座っている
という状況は、生まれてこのかた
初めての事で、それはもう、
あたかも、自分が操縦しているかのような錯覚をするほどの
臨場感あふれる飛行体験に興奮したといいますか。



と同時に、大変緊張したといいますか、
恐怖心に少々飲み込まれたといいますか。


飛行中の音の大きさにびびり、
離陸時の揺れに戦き、
雲に包まれて、前が何も見えない中、
計測機を頼りに
飛行して行く過程に怯え、
そして着陸時には、我が身を天に任せる境地に入った。



この日、朝、5時15分に起きて、
家を出たのが、朝6時。
眠くとも、どうせ飛行機で寝れるから、と
タカをくくっていたのが、
飛行中、てんぱって全く寝れず仕舞い。


ニューハンプシャー州まで、飛行機だと片道90分。
バスだと6時間のニューハンプシャー行き。
怖いけど速いのをとるか、
遅いけど、少し安心感がある方をとるか、
人生は、よくできたゲームになっている。

(ただ、帰宅時、再び、同じ飛行機に乗ったが、
意外と、慣れて、初回程の恐怖感はなかった。
人間の対応能力に驚かされる。)

0 件のコメント:

コメントを投稿