2011年2月9日水曜日

百々徹春場所開催迫る。

今回の私の新しいユニットというのか
バンドというのか、トリオというのか
"JAfro"というグループ(グループか)
のツアーを中心に、16県を行脚、計32公演を
今週の土曜日から3月21日まで実施いたします。


ベースの中村恭士君、ドラムとパーカッションの小川慶太君と
今日、最終リハを行なってまいりました。
この二人、日本サッカー代表で言ったら、
本田と長友みたいな感じです。
ここから出てくる華麗なるパスを
彼らより10歳も年上のストライカー、
ドドスコが重たい足をひきづりながら、
どれだけラブ注入して、お客様のハートにゴールできるか、
その辺りを聞いていただければ
私も、長年、外国暮らしをしてきた甲斐もあるかなと、
こういう心境であります。


まずは、今週土曜から3日間、
NYで知り合った当時、テナーを吹いていた
しかし最近アルトもよく吹いているらしい、
帰国後、東京に住んでいるかと思ったら
最近、名古屋に引っ越したらしい、
サックスの長谷川朗君とのデュオから
スタートです。

応援宜しくお願いします!!

ツアースケジュールはこちらです。
http://torudodo.com/Japan%20Tour%202011.html


おまけです。
2009年に、Boston Museum of Scienceで行なわれた
ノーベル賞受賞者とその息子、Harold& Jacob Varmus の
コンサートのビデオが最近アップされたようです。
長いですが、どうぞ。遺伝子を学べます。
(ピアノ、ドドスコです。)

http://forum-network.org/lecture/genes-and-jazz-harold-and-jacob-varmus

0 件のコメント:

コメントを投稿