2011年11月26日土曜日

1ヶ月が過ぎて。

相変わらずさくらネタである。
世の中に育児書や育児ブログが溢れている理由がわかった気がする。
何かこう、書きたくなってしょうがないものだ。


思えば、自分に0歳から3歳くらいまでの記憶がないことに気づく。
おそらく、この時期に記憶が一生残ったりした場合、
とても恥ずかしくて生きていけないからかもしれない。
さくらも、まさか、毎日10回近くも、女性の大切な部分を
眼鏡をかけたおっさんに覗かれて紙で拭かれている事などを
記憶していては、明るい青春生活を過ごせなくなるのではないだろうか。
自然の摂理というのか、うまくできているものだ。


そういえば、自分はペットを飼った試しがない。
団地育ちでペット禁止という事もあったが、
なにより、鳥類や猫アレルギー体質のために、
自分の健康のためにペットを飼えなかったのだ。
(夏祭りですくった金魚は一時期飼ったかもしれないが、
親が結局面倒を見ていたかもしれない。)
いきものの扱いに慣れていない自分が、
はたしてこの小動物を扱えるのか、危ぶむ声が一部
自分の両親サイドからあったのであるが、
こうして、小動物との生活が始まってみると、
意外に、お世話が苦になっていない事に我ながら驚く。
スカトロ趣味があるわけではないが、
ウンチオシッコ系の清掃、割と大丈夫なのだ。
赤子のウンチには大腸菌はいない、食べても大丈夫、
という説を提唱したいほどだ。
(赤子を抱いても鼻がむずかゆくなったり咳が止まらなくなる事が
ないことも大きい要因?)


ただし、幼児プレイの趣味があるわけでなかったので、
どうも”あやす”行為がうまくない。
何かと語りかけた方が発育にはいいらしいのだが、
何を語ればいいのか、見当がつかない。
しかも赤子には声のトーンを高くした方がいいらしいのだが、
『ーーーでちゅか?』等となかなか言えないものだ。
『さくら、君は今一体何を求めているのだい?
空腹を訴えているのかい?それとも排泄行為に不満があるのかい?』
こう問うたところで、なかなか泣き止まないことだけはわかった。



いずれにしても、母親の身体から出てくるミルクの前には
何も敵う物は無い。なかなか、さくらが泣き止まない時でも
(最近、この事態を、「さくら錯乱」と呼んでいる。)
パクっと母親の乳房をくわえさせるだけで、すっかり泣き止むのだから不思議だ。
オッパイプレイは嫌いではない自分も、このオッパイパワーのスゴさには
ちょっと舌をまく今日この頃。

0 件のコメント:

コメントを投稿