2011年12月19日月曜日

Happy Holidays!

今日は、ピアノ演奏させていただいている教会で、
クリスマスサンデーを祝ったのだが、
そういえば、もうそういう時期だったのだ。


2011年ももう終わる。
なんという年だったのだろう。


3月11日の東日本大震災。
日本ツアーで帰国していて、丁度オフ日、
新潟でうなぎをごちそうになって、名古屋へ
車に移動中に地震が起きたのだ。
満腹で眠りこけてしまっていて、
数時間後に携帯電話で起こされて事の次第を知った有様だったのだが、
無事に名古屋へ移動できた事は今にして思うと
なんと幸運だったかと思う。


その後アメリカに戻ってからは、
連日、その後の日本についてネットで情報を得た毎日。
津波の被害、放射能汚染の恐怖におののいた。


これと同時進行で、妻に宿った小さな命の成長を
ヒヤヒヤと見守った日々。
そして10月20日の出産。


思うに、10月20日から新年が始まった気分なのである。
だからあまり年末の気がしないのだ。
さくらと過ごし始めて2ヶ月が過ぎたのだが、
今は、そういう意味で2月が終わったような気もする。


ところで、この教会、一段と資金繰りが苦しくなり、
光熱費が払えず、ガスを止められ、電気ストーブ一つで礼拝を行っている。
この冬、上はシャツを5枚重ねにコート、下はズボンを2枚重ね
で演奏している。
今日は気温マイナス2度。
しかも途中で電気ブレーカーが上がり、ストーブは止まり、
全く暖をとることなく礼拝が行われた。
ピアノを弾く指が凍り付いて動かない、いわば冷温停止状態になった。


しかしながら、自分の中にいるもう一人の自分は、これに異を唱えた。
冷温停止などということはない。ありえない。
さくらの誕生、そしてさくらとの新しい生活を通じて
自分をつき動かす燃料棒は、今まさに2400度くらいに
熱を帯びているではないかと。


来年は、この燃料棒が、
肉体という格納容器を突き破って、
ある人には、危険すぎるからといってどこか疎遠にさせてしまうかもしれないし、
ある人には、たいしたことないからといって相手にもされないかもしれないけれど、
でもある人には、遺伝子レベルで今後30年以上も多大な影響を
与えられるようなパワーを放射してみたいと思っている。


Happy Holidays!!

2 件のコメント:

  1. OKASAM2011年12月25日 14:23

    こんにちわ!dodoパパ( ^^) _U~~。

    相変わらず、愛娘さんに こき使われているご様子(笑)

    幸せいっぱいで何よりですね。

    しかし、教会が資金繰り苦しいって....
    これって、日本で考えると お寺の運営が厳しいって事ですよね....

    寒いなかの演奏、ほんとご苦労さまでした。

    かじかんだ手は、元気なさくらちゃんに温めてもらって下さいませ。


    震災後 今だ復旧せず...しかし月日は流れ被災地でも年末・年始がやってきます。

    被災地の方々、逞しく生活されてます。

    dodo様 ご一家もよい年越しを!

    返信削除
  2. OKASAMさん

    書き込みありがとうございます。
    OKASAMさんにとって、2012年がよい年になりますように。

    返信削除