2012年5月26日土曜日

リハビリ開始。

怪我して以来、右膝に6週間程はめていた
Knee Braceをはずすことになった。
膝の怪我はやっかいである。
骨がつきました、はい明日からすぐ日常生活オッケーとは
いかないのである。
私の右足は、すっかりやせ衰え、
まっすぐピンと伸ばすこともできず、
曲げても80度くらいしか曲がらない。
歩き方も忘れてしまったかのようにぎこちない。

 医者からPhysical Therapist(理学療法士)を紹介され
昨日1回目のセッションに行った。

『どんどん曲げていかないと関節はどんどん固くなってしまう。』
とアジア系の女性Therapistに警告された。
足の裏にひもをひっかけ、そのひもを両手で無理矢理にひっぱって
膝を曲げて行く。原始的な方法だがこれしかないらしい。
途端に全身から汗がふきだす。
イタキモというのと違う、イタイタである。
ぐったりしてしまったが、 計測したら膝は97度まで曲がっていた。

『膝は曲げることより、伸ばす事の方が難しい。』
ということで、家で椅子に座っている時には、
常に右足のかかとをコーヒーテーブルにのせて
 重力で膝を伸ばしていくようにと指導された。
(この作文も、そのような姿勢でタイプしてます。)

 日本ツアーをおよそ1ヶ月後に控え、
なんとかしたいものであります。

4 件のコメント:

  1. リハビリがんばってくださいな〜
    英語のダメなオイラはKnee Braceを
    新しい共演ミュージシャンかと思った。

    返信削除
  2. Knee Brace、、、、そう言われると、
    ぎゅっと守ってくれそうな人がいるような気がしてきました。
    しかしながら現在、御陰で私の右膝は見事に固まってしまっております。
    完治まで時間かかりそうな予感。

    返信削除
  3. 前向きに頑張ってくださいませ。
    つらいですけどね、完治をイメージして。
    しっかり治して7月、ステージ上でタップダンスでも踊ってください。

    返信削除
  4. ステージまで歩けるかが、今の目標ですが、
    タップ。。。目標は高く、ですね。頑張ります。

    返信削除