2012年6月22日金曜日

0度&132度

Knee Braceを外した4週間前、
私の右膝は、まるで『へ』の字のように、
曲がったまま固まってしまっていた。
歩行にも苦労し、当初、一生このままに
なってしまうのかと焦った。

最初のPhysical Therapyで計測してもらったところ、
膝を伸ばしても、19度。
膝を思い切り曲げても、89度。という状態であった。
その後、4週間が過ぎ、Therapy sessionを重ねて10回目にして、
膝は、伸ばした時に、0度(ぴたっと床に膝の裏が着く状態)
曲げの方は、132度まで回復した。
歩行も若干バランスの悪さを感じるが、ずいぶんと楽になってきた。
今後は、自力で、エクササイズを継続して
関節の柔軟性、右足全体の筋力アップをはかっていくことになる。

大概、何かが起きるのには理由があると思うのだが、
今回の、膝の皿の骨折に関しては、
『骨折り損のくたびれ儲け』という言い回しの正当性を
再確認するためだけに思えてしまうのだが、
 強いて、何か、今回の経験から学べる事といえば、
『柔軟性というのは、無理矢理柔らかくする事で
身に付く。』
ということか。

一度固まってしまった膝の関節というのは、
無理矢理、腕の力を使ってでも、曲げていったり
伸ばしていかないと、もとに戻らない事を
身にしみて覚えた。
人間の身体は、何もしないと、固まろうとする。
そうさせないためには、常に、動かしていかないといけないのだ。
毎日、無理矢理曲げ伸ばしをやったうえで、
歩行もスムーズになってくる。

 これを音楽に無理に関連づけようとする自分がいるのだが、
例えば、自分の音楽性とか素養とかは、
無理矢理でも色々なものを聞かないと養われないのではないか。
バッハやマイルスだけ聞いていても駄目なのだ。
AKB48やHKT48も聞いてみないと
少なくとも日本で、話についていけない気がしている。

2 件のコメント:

  1. ほんと 重症だったんですね~
    人事じゃないですわ。
    私も気をつけようっと。
     

    確かに肩甲骨が動かない方が案外多くて、
    でも 日々のトレーニングでスムーズに動くようになりますもんね~


    頭もフリーズしちゃダメですね。
    何事も柔軟性、柔軟性。

    私は日本に居ながら AKBやHKTは?????です(ーー

    返信削除
  2. ピアノも毎日練習しないと駄目なのだと思い知らされてます。

    返信削除