2012年11月3日土曜日

Sandy後その3

近所の行きつけの韓国系スーパーが已然停電で営業停止中である。
ここ最近、このスーパーで売っていた韓国製のあん饅が
我が娘の好物になってしまい、ほぼ毎日食べさせていたのだが、
ついに食べきってしまった。と同時に、かなり基本的な
食材も底をついてきた。

 車で、30分ほど離れたところにある、
この韓国系スーパーの支店は停電を免れ営業しているらしかった。
さらに車で、20分ほどにある"Whole Foods"が
開いているという情報も得た。

今、アメリカ東海岸は、例を見ない、ガソリン不足である。
停電したガソリンスタンドが多く、さらに、
港が破壊され、油そのものが
NYエリアに入ってきていないらしかった。
私の車のガソリンも無駄にはできない。
そこで近いほうの、 "Whole Foods"に向かった。

多くの交差点で信号機は壊れたままであり、通るたびに緊張する。
また多くの道が通行止めになっていた。
そして渋滞に巻き込まれた。
しばらく進むと、前にガソリンスタンドがあって、
給油のために並んだ車の渋滞であることがわかった。
並んでいる運転手のいらだちぶりを見ると、
今日か明日かで電気が復旧してくれないと
よりによっては暴動が起きてしまいそうな感じがして
ぞっとした。警察がこのガソリンスタンドを警備していたのが
印象的だった。

そうこうして”Whole Foods"に着く。

ハドソン川近くにあるこのスーパーが入っているモールの
他の店は停電で営業停止していたのだが、
ここの ”Whole Foods"だけ、
自家発電で普段と変わらない営業をしていたのだ。
新鮮な肉や魚、寿司まで販売していて私、素直に感動した。
これが真のリスクマネジメントというやつなのかと
普段あまり使ったことのない単語を発音してみた。
このスーパー、健康食が売りで、
モノはいいがお値段高めなのがネックだったのだが、
今回ばかりは、お値段高めでも、許せてしまった。
というか、こういう非常時に営業している、
さらには、携帯電話のバッテリーチャージセンターまで設けている
このお店の事が好きになってしまった。
韓国製あん饅があれば、完全に恋してしまったところだったが、
残念ながらそうはならなかった。

あと数日の辛抱、と思いたい。
仕事が週にめずらしく6本も入っていたのが
5本もキャンセルになった私のことはいい。
(一応ぼやいているが)
この日曜に予定されていてNYの代表的なイベントであった
NYマラソンも中止になったのだ。
あん饅の無い生活に慣れる事も人生なのだと
さくらに教えてあげたい。

4 件のコメント:

  1. ご無事で何よりです。NYの生の声が聞けて少々安堵しております。昨年の震災直後の地元(日本)を思い出しました。一刻も早い復興復旧を祈っています。

    返信削除
    返信
    1. 私も、今回の災害で、昨年の日本の津波でやられた方々の事に
      想像が及びました。こちら、少なくとも家の近所は、
      それでも徐々に復旧のきざしが出てきました。

      削除
  2. Fort Lee community center すぐ近くの韓国系スーパーが今日からOpenしていました。ブログに書かれている韓国系スーパーの支店かと思われます。お嬢さんのあん饅が手に入るかもしれません。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様、

      情報ありがとうございました!。今日の夜、家の近所の方の韓国系スーパーにも灯りがともっておりました。おそらく明日から営業再開するのではと
      期待しております。

      削除