2012年11月21日水曜日

濃い3日

11/17(土)
 Vermont州のVermont Jazz Centerにて、
Louis Hayes Quartetの演奏。Louisとは、以前、
Curtis Fullerバンドで4回程演奏した事があったのだが、
彼のバンドとしては初めての仕事であった。
彼のドラム、特に右手のライドシンバルが、
私を幸福にした。
Jazzとは何であるかと、考えることがあるものだが、この時ばかりは、
『あー、そういうことだったのか!』
 と全てがクリアになった時間であった。
(この作文を読まれている方にとっては、
なんのことだか全くクリアでないかもしれないが。)

Louis Hayesと。


11/18(日)
 深夜に、車で3時間30分かけて帰宅し、
午前中に教会の仕事、その後、午後に翌日のショーのリハーサル、
そしてさらに夜はMatt Snow というベースのバンドでのライヴ。
そのバンドで、久しぶりにサックスのユイガ君と共演。
初めて会ったのは、3年程前。
まだ20歳になったかなってないかの頃、
当時自分がホストをしていた、
クレオパトラズニードルによく遊びにきてくれていた。
なんでも、最近、バークリー音楽院から学費全額の
奨学金を認められたらしいが、
まだ学校にいくのか迷っていて、とりあえず、今、
NYに住んでいるという。
久しぶりに聞いた彼、一段と凄くなっていた。
楽器が上手いどうこうといったレベルでなく、
明後日の方向にぶっ飛んで凄い感じだ。
ドラムの石若君といい、ユイガ君といい、
一体最近の若い日本人ミュージシャン界に何が起こったのだろうか?
事件だと思う。

11/19(月)
制作過程であるオリジナルミュージカルGIRL Shakes Loose Your Skin の
初めての台本読み合わせ一般公開ライヴがJoe's Pubで行われた。
(私、編曲とピアノ演奏を担当。)
今回、あまりリハーサル時間が確保できずに本番だったが、
 ブロードウェイの役者さん達の役者魂というのか、
 なんなくやり通して、大喝采であった。
今後、このプロジェクトがどのように発展していくのか
楽しみである。

キャストの集合写真。真ん中の赤い帽子の方がこのミュージカルの
創作の源になっている
詩人Sonia Sanchez











5 件のコメント:

  1. ご無沙汰してまーーーす。

    お元気にご活躍の模様~

    dodoさんに、『一体最近の若い日本人ミュージシャン界に何が起こったのだろうか?』なんて言われたら 嬉しいですよね~

    リスナー側の私も耳を育てなくてはいけませんね。


    あっ、年明け NYでのライブって決まってるのですか?

    返信削除
  2. 今の所、年明けはお宮参りくらいしか予定が入っておりません。。。

    返信削除
  3. お宮参り?って来日ですか?

    友人が年末よりカナダへ行くらしく、せっかくだから(笑)NYまで行ってJAZZりたい!と

    dodoさんのライブあったらお勧めしようかと思ってお尋ねしました。


    返信削除
  4. いえいえ、適当な事を書いてしまいましてすみません。
    正月はNJにおります。
    ただ、今の所、何も予定がないのは確かでございます。
    もし何か入ってきましたらお知らせいたします。

    返信削除
  5. (笑)
    いえいえ、それがdodo語録(笑)

    予定入りましたら宜しくお願いしまーーーす。

    返信削除