2012年11月21日水曜日

濃い3日

11/17(土)
 Vermont州のVermont Jazz Centerにて、
Louis Hayes Quartetの演奏。Louisとは、以前、
Curtis Fullerバンドで4回程演奏した事があったのだが、
彼のバンドとしては初めての仕事であった。
彼のドラム、特に右手のライドシンバルが、
私を幸福にした。
Jazzとは何であるかと、考えることがあるものだが、この時ばかりは、
『あー、そういうことだったのか!』
 と全てがクリアになった時間であった。
(この作文を読まれている方にとっては、
なんのことだか全くクリアでないかもしれないが。)

Louis Hayesと。


11/18(日)
 深夜に、車で3時間30分かけて帰宅し、
午前中に教会の仕事、その後、午後に翌日のショーのリハーサル、
そしてさらに夜はMatt Snow というベースのバンドでのライヴ。
そのバンドで、久しぶりにサックスのユイガ君と共演。
初めて会ったのは、3年程前。
まだ20歳になったかなってないかの頃、
当時自分がホストをしていた、
クレオパトラズニードルによく遊びにきてくれていた。
なんでも、最近、バークリー音楽院から学費全額の
奨学金を認められたらしいが、
まだ学校にいくのか迷っていて、とりあえず、今、
NYに住んでいるという。
久しぶりに聞いた彼、一段と凄くなっていた。
楽器が上手いどうこうといったレベルでなく、
明後日の方向にぶっ飛んで凄い感じだ。
ドラムの石若君といい、ユイガ君といい、
一体最近の若い日本人ミュージシャン界に何が起こったのだろうか?
事件だと思う。

11/19(月)
制作過程であるオリジナルミュージカルGIRL Shakes Loose Your Skin の
初めての台本読み合わせ一般公開ライヴがJoe's Pubで行われた。
(私、編曲とピアノ演奏を担当。)
今回、あまりリハーサル時間が確保できずに本番だったが、
 ブロードウェイの役者さん達の役者魂というのか、
 なんなくやり通して、大喝采であった。
今後、このプロジェクトがどのように発展していくのか
楽しみである。

キャストの集合写真。真ん中の赤い帽子の方がこのミュージカルの
創作の源になっている
詩人Sonia Sanchez











2012年11月16日金曜日

ようやく平常に。

Sandyが去って2週間が過ぎてようやく
自分の街の周りは平常に戻った感じだ。
ここ2年連続して非常に大きい嵐がNYエリアを襲った。
これから毎年の恒例行事になるのかしら。
停電に備えて、発電機買うべきかしらん。

最近の仕事写真を。

Pete Zimmer Quartet @ Dizzy's Jazz Coca-Cola, Nov.6 - Nov.10
 Somi @Park Avenue Armory, Nov.10

2012年11月3日土曜日

Sandy後その3

近所の行きつけの韓国系スーパーが已然停電で営業停止中である。
ここ最近、このスーパーで売っていた韓国製のあん饅が
我が娘の好物になってしまい、ほぼ毎日食べさせていたのだが、
ついに食べきってしまった。と同時に、かなり基本的な
食材も底をついてきた。

 車で、30分ほど離れたところにある、
この韓国系スーパーの支店は停電を免れ営業しているらしかった。
さらに車で、20分ほどにある"Whole Foods"が
開いているという情報も得た。

今、アメリカ東海岸は、例を見ない、ガソリン不足である。
停電したガソリンスタンドが多く、さらに、
港が破壊され、油そのものが
NYエリアに入ってきていないらしかった。
私の車のガソリンも無駄にはできない。
そこで近いほうの、 "Whole Foods"に向かった。

多くの交差点で信号機は壊れたままであり、通るたびに緊張する。
また多くの道が通行止めになっていた。
そして渋滞に巻き込まれた。
しばらく進むと、前にガソリンスタンドがあって、
給油のために並んだ車の渋滞であることがわかった。
並んでいる運転手のいらだちぶりを見ると、
今日か明日かで電気が復旧してくれないと
よりによっては暴動が起きてしまいそうな感じがして
ぞっとした。警察がこのガソリンスタンドを警備していたのが
印象的だった。

そうこうして”Whole Foods"に着く。

ハドソン川近くにあるこのスーパーが入っているモールの
他の店は停電で営業停止していたのだが、
ここの ”Whole Foods"だけ、
自家発電で普段と変わらない営業をしていたのだ。
新鮮な肉や魚、寿司まで販売していて私、素直に感動した。
これが真のリスクマネジメントというやつなのかと
普段あまり使ったことのない単語を発音してみた。
このスーパー、健康食が売りで、
モノはいいがお値段高めなのがネックだったのだが、
今回ばかりは、お値段高めでも、許せてしまった。
というか、こういう非常時に営業している、
さらには、携帯電話のバッテリーチャージセンターまで設けている
このお店の事が好きになってしまった。
韓国製あん饅があれば、完全に恋してしまったところだったが、
残念ながらそうはならなかった。

あと数日の辛抱、と思いたい。
仕事が週にめずらしく6本も入っていたのが
5本もキャンセルになった私のことはいい。
(一応ぼやいているが)
この日曜に予定されていてNYの代表的なイベントであった
NYマラソンも中止になったのだ。
あん饅の無い生活に慣れる事も人生なのだと
さくらに教えてあげたい。

2012年11月1日木曜日

Sandy後その2

今日、近所を運転してみたのだが、
実は、あちこちで、停電している事を知った。
ある一角は電気がついているのに、
ある一角は電気が来ていない、といった感じだった。
大木はなぎ倒されてるは、看板はふっとんでいるは、
電線は垂れ下がっているは、信号機はこわれているはで、
何事もなかった我が家の事を思い、
(昨年のStorm Ireneが来た時は
屋根が壊れて雨漏りした。)
今回は本当についていたと思い有り難い気持ちでいっぱいである。

歩いて3分ほどにある韓国系スーパーマーケットがあるエリアは
見事に停電していてその辺りのお店はすべて営業停止。
今週末までの食料は確保しているつもりだが、
いつ電気が復旧するのかわからない中、
買い出し先のあたりだけはつけておきたいところだ。

 仕事は今週(めずらしくたてこんで)火水木金日と入っていたのだが、
演奏場所はすべてマンハッタン内だったので、すでに、
火水日とキャンセルになり、明日もどうなるかわからない。
自分の事はまぁいいのだが、(それでもぼやいているが)
それにしても今回の災害の一般市民への被害の大きさは、
尋常でないと実感している。