2014年4月19日土曜日

10年


この3日間、楽しい演奏体験が続いた。

4/15は、アルトサックスのNick Videenという人の
バンドのShrineでのライヴ。
1930年代風に演奏する事が要求されてる
Sleep No Moreでたまに共演する人だったが、彼の書く音楽は、
まったくの今時の感じであって、久しぶりに、目がショボショボに
なりながら必死に譜面を読んだ。(因みに彼、ビヨンセの
アルバムのホーンセクションで2枚くらい参加してると、
この日初めて知った。)

また、このバンドのドラムのトロント出身で最近NYに出て来た
Adam Arruda君、実に凄かった。
One of the best drummer I've ever playedであった。
久しぶりに、演奏中に、心臓発作が起きるかと思うくらいに
スリルがあるドラミングだった。
このバンドで今年中にレコーディングするようで、楽しみ。

4/16は、歌のAimee AllenさんのJules Bistroという
レストランでの演奏。
ベースとピアノで伴奏。このベースが、フランス出身の
Francois Moutin。ミシェルルグランと長く共演してるらしいが、
私あまり面識がなかったのだが、彼のベース演奏は、
凄いというしかなかった。
One of the best bassist I've ever playedだった。
近く、ドラムを加えて、このメンバーで
彼女のアルバム録音する予定で、これも楽しみ。

4/17は、SOMIのJoe's Pubでのショー。
私が初めてSomiのバンドで演奏したのが、
偶然にも2004年の4月17日、Joe's Pubであった。
あの日、何か、新しい扉が開いた感じがして
非常に興奮した事を未だによく覚えている。
あの時に演奏したバンドメンバーの中で
唯一私だけ、2014年の4月17日のJoe's Pubで
演奏した事、私は、言葉にならないほどの
感慨を味わっております。
それにしても、彼女の新しいCDはいつ出るのだろう。。。
色々と著作権がらみの処理で時間がかかっているらしいのですが。
この日は、
ギターにNir Felder, ベースにMichael Olatuja,
ドラムにOtis Brown バックコーラスにAlicia Olatuja。
トランペットのEtienne Charlesが一曲飛び入り。
皆、One of the best guitarist, bassist, drummer,trumpeter,singer
I've ever playedだった。

いやーやっぱりおんがぐあぎねー。
(小林陽一さんの影響。)

4 件のコメント:

  1. 発見しました
    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10152292033005589

    返信削除
  2. 思わずここに貼りました。
    発見のお知らせありがとうございます。

    返信削除
  3. レコーディング、ファンとしても楽しみですねー!
    期待してます!!

    返信削除
  4. ありがとうございます。

    返信削除