2011年9月29日木曜日

平麻美子レコーディングセッション&レッドソックスの歴史的敗北。

平麻美子レコーディング

9/27&28の2日、平麻美子さんのレコーディングセッションに参加。
ヴォーカルとピアノのデュオがメインで、トランペットの
広瀬未来君が数曲ゲスト参加。
私にとっては、デュオCD録音というのは初めての事で、
アレンジ能力、ピアノの演奏能力が試された、実に充実した時間でありました。
出来上がりが楽しみであります。


レッドソックスの歴史的敗北

28日のレコーディング中、どうしてもレッドソックスの試合が気になって、
平さんには申し訳ないと思いつつ、
エンジニアの方のインターネットをお借りして試合をちょこちょこ追っていたのだが、
レコーディングが後半に入っていた頃、まだレッドソックスは最下位のオリオールズ相手に3−2で勝っていたし、
レイズは早くにプレイオフ進出を決めていたヤンキース相手に7−0で負けていたのだ。


ところが、レコーディングが終了近くには、
レイズが8回裏に一挙6点、9回裏2アウトからホームランで7−7の同点にして
延長戦に入ったのを知る。かなり動揺したのであるが、
レッドソックスは3−2のまま9回の守り、抑えのエースが投げていたので、
まぁ、なんとか勝てるかなと思っていた。


しかしながら、願い通じず、
帰りの車のラジオで、レッドソックスはサヨナラ負け、レイズはサヨナラ勝ちを
したのを聞いた。これにて、レイズがプレイオフ進出決定。
外は大雨、私の心も大嵐であった。



レッドソックスは、
8月末にはヤンキースとアリーグ東部地区の抜きつ抜かれつの首位争いをしていた。
3位のレイズとは10ゲーム差くらいあった。

ところが9月に入ってから途端に調子がおかしくなり、負けが続く。
公式戦160試合目でレイズに追いつかれ、
最終試合162試合目にしてプレイオフ進出さえ逃してしまった。
優勝した2004年以前の情けないレッドソックスを
彷彿させる、見事なまでのダメダメな2011年のシリーズであった。

まぁ、レッドソックスの選手なんてものは、
別に明日から飢えや内乱や津波や放射能で死ぬなんて可能性のない、
私よりも、何万倍もの収入を得ている大金持ちの集団なのであって、
私が心を痛めることのない、心配するだけ無駄な事には違いないのだが、
なんなんでしょうか、このファン心理というものは。
残念でなりません。

2 件のコメント:

  1. なんなんでしょうか、このファン心理というものは。
    ひいきのピアニストさんが世界中の注目を一身に集めないとなると、残念でなりません。
    ( っていうのは ちょっと違うか...ひいきの「ミュージシャン達」という集合体ですね )

    返信削除
  2. ははは。頑張ります。
    という返信しかできないのがなんですが。

    返信削除