2013年4月28日日曜日

人見知り。

さくらは、人見知りだ。
私もそうであるからしょうがないのだが。
(私は年月かけてだいぶ克服してきたつもりだが。)


普段の散歩中、
周りに人がいない時は、
得意になって闊歩するのだが、
他人が視界に入ってくる途端、
すかさず『だっこだっこ!!』と
助けを求めてくる。

通りすがる人から手を振られても、
愛嬌をふりまく、等という芸当は
とてもできない。
抱っこする私の陰に隠れるか、
顔をしかめてじっとその人を睨むことしかできない。

昨日、George Washington Bridgeを上から
臨める小高い丘の公園に行った時、
韓国人のおばあさんとそのお孫さんと思われる女の子に
出会った。

 さくらは、いつものように
私に『だっこ』を要求した。

すると、その女の子は、
私達の方へ寄ってきた。
あきらかに、さくらに興味を持ったようだった。

私は、試しにさくらを
その子の隣に降ろしてみた。

さくらは、すぐさま、
逃げるように、
私に『だっこ』を求めた。

その女の子は、
またおばあさんのもとへ
戻っていった。

しばらくさくらを抱っこした私は、
休憩を兼ねて、
近くにベンチにさくらを座らせた。

しばらくして、再び、先程の
おばあさんと女の子が
通りがかった。

女の子がさくらに気づき、
歩みよってきた。そして、
さくらの隣に座った。

さくらは、その女の子に
『アンネ!アンネ!』と
意味不明な言葉を発した。

女の子は、特に
さくらに話かける事はなかった。
たださくらの隣に座っていた。

私は、こういう時の、
大人のたしなみとして、
その女の子に英語で少し質問してみた。

(子供を連れての散歩は、
他人から声をかけられる率が非常に高まり、
自然と私も話をする機会が多くなり、
自分の人見知り克服には大変役立っていると言える。)

『お名前は?』
『チーヴー。』
私は、いまいち、女の子の名前が聞き取れなかった。
『チーヴー?』
『違う、チーユー。』
『チーユー?』
『違う、チーヴォー。』
『チーヴォー?』
『そう。チーヴァウ。』

私は、彼女の名前の理解を諦め、
違う質問をしてみた。

『いくつ?』
『5歳。』
『この公園にはよく来るの?』
『わからない。』
まだこの質問の意味がわからないということなのか、
私の英語がひどくてわからなかったのか
その辺りの理解も私は諦めた。
とりあえず、
『この子は”さくら”っていいます。1歳半なんだ。よろしくね。』
と言ってみた。

『ナントカナントカ?』
『ナントカナントカ!』
少し離れた所から、おばあさんが女の子に
韓国語で声をかけて、女の子も韓国語で応えていた。
女の子は、ベンチを離れ、おばあさんの所へ戻った。
おばあさんは、私達に、
『コンニチワ』
と挨拶してくれた。
そして立ち去っていった。

 するとさくらは、急に私に、
ベンチから降ろしてくれとせがみ、
女の子の後を追って歩き始めたのだ。

先程の女の子は、頻繁に後ろを振り返り、
私達がついて来ているのを確認する。
再び、女の子は、走ってさくらのもとへ
戻ってきた。

その子は、左手首にピンク色の小さなハート型が
たくさんついたブレスレットをしていた。
その子は、そのブレスレットをはずし、
さくらに渡すそぶりをした。

さくらは、そのブレスレットをおそるおそる触った。
そして、なんともいえない
笑顔を見せたのだ。
女の子も笑顔を浮かべた。

 女の子は、ブレスレットを自分の手に戻し、
待っているおばあさんの所へ走って戻っていった。

おそらく、おばあさんは英語があまり得意ではないだろう。
女の子も幼稚園では英語を使っているのかもしれないが、
おそらく家では韓国語で話している機会がまだ多いのだろう。
私はいい加減な英語しかできない日本人。
さくらにいたっては、まだチンパンジーにも劣る言語能力しかない。

ただ、この日のこの瞬間、
彼らと私達はすごいところで、
繋がった気がした。
その事に私は痺れた。

さくらの人見知りも何か、
この日を境に改善するのかもと思った。



今日、知り合いの方に誘われて、
近所の日系幼稚園で行われた
無料リトミック体験コースに参加した。

さくらがどのように反応するか
興味があった。

しかしながら、
大勢の子供達に囲まれたさくらは、
その子達と交流をはかるどころか、
泣いては母親にしがみつくばかりで、
リトミックどころではなかった。

(私も、幼少時、とある音楽教室に
通った時期があったのだが、
グループレッスン時、ずっと母親に
しがみついていたらしいのだ。)

 まぁ、しょうがないか。
さくらは自分の子なのだ。

2 件のコメント:

  1. いいですね。目に浮かびました。

    返信削除
  2. ありがとうございます。

    返信削除