2013年6月26日水曜日

あるジャズピアニストの苦悩。

さくらと近所の公園に行く事も増えてきたのだが、
公園に行くと、母子しかいない状況があったりする。

アメリカらしく、ロシア系母子グループ、
韓国系母子グループ、中国系母子グループがいたりする。
それだけでも私はいっぱいいっぱいなのだが、
そのお母さん達と英語で話をする状況は不思議とまだいいのだ。

私の住むエリアは日本の駐在員も多い。
たまに駐在員の若奥様達グループが
公園を陣取っていられたるする事もあり、
そうなると、私は、途端に、こっ恥ずかしくなって
さくらの手を引っ張って、公園を離れる事がある。

20歳後半か30歳前半あたりのこうしたお母様方が
集っていられる中で、40過ぎたおっさんが、
平日の午前中から、 赤ん坊を膝にのせて、
滑り台を降りる。それだけでもかなり恥ずかしいのだが、
その上、『どこどこの○○ちゃんが。。。。。』だの
『 あそこの幼稚園で。。。。。。。。。』
とかいう会話が聞こえて来たるすると
もうさくら、家に帰ろう、という気持ちになる。

さくらが、そのグループの子供達と友達になっていったりすると
また違う展開になるのかもしれないが、
自分で自分の身体のコントロールがついていない
何ぶん、まだまともに話すことも出来ない20ヶ月のさくらに
多くを望めない。
これを駐在の若奥様達とお近づきになるチャンスととらえるか、
違う公園を探すキューととらえるか。
自分が試されている気がする。

2 件のコメント:

  1. 公園デビューの気分と似てるかもしれないですね。
    気にせず遊んでたらいいじゃないですか。笑

    返信削除