2014年3月1日土曜日

滑り台

先週末は、若干暖かくなったのだが、
今週はまた厳しく冷え込む日が続いている。
娘は、有り難い事に、元気なもので、
零下の中でも、散歩のリクエストをし、
融けない雪が一面に残る閑散とした公園の滑り台を、
『ダレモイナイネー。』とつぶやきながら
何度も滑り降りる。
『トーチャンモスベル。』と命令されるので、
しょうがなく私も一緒に滑る。
そんな日が続いている。

先日、Blue Noteからデビュー盤を発表した
トランペットの黒田卓也さんのレコ発ライヴを聞きにいった。
実に堂々とした迷いなく吹ききる気持ちのいい演奏で、
私は、大変、刺激をいただいた。
このバンドのキーボード&ピアノのTakeshi Obayashi君も
実に素晴らしかった。英語の表現を邦訳した形で書けば、
自分のケツを蹴っ飛ばされた。
まだ20代だと思われ、
これからとんでもなく凄い活躍をされる予感がした。

というか、ここ最近、30代から20代の
日本人男性のピアニストやキーボーディストで、
NYを拠点に、普通にというか、当たり前に
仕事をしている方が増えたと思う。
海野君、BigYuki君、そして、このTakeshi君等々、
本当に凄い才能がいる。

40代に入っている私も、なんとか、
音楽滑り台からは、滑り落ちないようにしたいものです。

2 件のコメント:

  1. ご無沙汰でした。
    dodoご一家様 お元気そうでなにより。

    私も40歳をとっくに過ぎ...50歳までの目標に向かって頑張ってる昨今。

    確かに、最近 ライブへ足を運んで思うのは 『若い』演奏者が多い。

    下から才能、元気あふれる若者達が上がってきてますよね。

    私の業界も若手の発想 販路形態の変化....
    時に焦ってしまいます(-"-)

    んが、経験知を活かし 留まりはびこりだいと思います。
    初老といわれる40代ですが、頑張りましょうね~

    返信削除
  2. Masakoさん、

    初老。この言葉にどきりとしました。

    返信削除