2014年8月28日木曜日

休むことなく。

日本からこちらに戻って3週間がすぎて、
ようやく、身体もこちらの時間帯になじんで来た感じ。

Good Fellowsツアー中に読めるかと思って
JFK空港で買った、
Malcolm Gladwellの『Outliers』を
ツアー後、家に戻ってから読み始めて、
ようやく今日読み終わったのだが、
知らなかった情報が満載で
大変刺激を受けた。

この本の中で、稲作民族は、昔から
四六時中働いてきた民族で、
西洋人が長いバケーションをとるという感覚が
もともとない、という話があった。
実際、ヨーロッパの農民は、
田畑を休めなくてはいけなくて、
冬は、 クマのように、冬眠して
乗り切っていたという
話には驚いた。

それはともかく、26日連続で日本ツアーした後も
こちらに戻ってからも、
特に休みをとることもなく
仕事している私は、
やはり稲作民族の子孫として、
しょうがない性なのかと思ってしまった。

まぁ、仕事があるうちが幸せなこの商売柄、
休みがとりづらいのが本当のところかもしれませんが。

(唯一、休んでいるのは、僕の肝臓かもしれません。
ふと、思い返すと、日本ツアー中、26日間で
お酒を飲まなかった日というのが
なかった気がしてます。
どこまで続けられるかわかりませんが、
禁酒をはじめて10日が過ぎました。)


9月は、 Eric Alexander の仕事や、
Somiのレコ発ツアーが入っていて、
四六時中働けそうで、幸せです。

(おまけ)
SomiのWNYC(NYのFMラジオ局)出演時の
模様が、このサイトにアップされてます。
日本から戻ってきた翌日の収録です。
お楽しみくださいませ。
http://soundcheck.wnyc.org/story/somi-in-studio/

5 件のコメント:

  1. 人間は、仕事が有るほど幸せな事は無いと思いますが、
    私も西洋人が長いバケーションをとるという感覚が
    もともとない事は初めて知りましたが、農耕民族の子孫の私も
    顧客の対応に追われて仕事をしているのが現状です。
    それにしても、禁酒を10日続ける事は素晴らしいですね。
    私には迚出来ません。
    またこのブログにお邪魔します。

    返信削除
  2. 禁酒2週間が過ぎました。。

    返信削除
    返信
    1. 禁酒2週間とは、凄い自己の力。。。
      私には、迚出来ません、、、k.wasada

      削除
  3. はろーしげぞうでございます。

    稲作民族は、働き者かも知れませんが
    疲れは、溜まっているので無理はしないで休める時は、
    お休み下さい。
    適度が一番です。

    返信削除
  4. 誠にその通りでございますね。

    返信削除