2015年8月12日水曜日

Somi Europe Tour その12 最後に

帰国の日。

Heathrow空港のチェックインカウンターで
順番を待っている際、通路をどこかで見た事ある人が
通りすぎた。

カルロスサンタナであった。
後ろにギターを抱えた、警備員かマネージャーがいた。

今回のツアー、実に多くのミュージシャンに出会って、
もうかなりお腹がいっぱいだったのだが、
最後の最後に、サンタナが通り過ぎるフィナーレ。
あまりによくできたツアーであった。

今回は、バンドメンバーも贅沢。
ドラムが、最近、Blue Noteレーベルから
リーダーアルバムが出たOtis Brown。

ベースが、パットメセニーのUnityバンドで
演奏してたBen Williams。Columbia Recordsから
2枚目のリーダー作が出たばかり。

ギターが、最近、Somiと同じく、
SonyのOkehレーベルからリーダー作が出た
Nir Felder。

皆、旅慣れたプロ集団である。
演奏の素晴らしさはともかく、
人柄も皆、実によろしい。

もう11年も共に、共演させてもらっている
Somiにとっても、初の夏のヨーロッパ、
ジャズフェスツアーで、実に、実りあった
旅となったのではないだろうか。

私は、この人達の背中にのって、数々のミュージシャンと写真をとったり、
土地土地の美しいものを見たり、おいしいものを食べたりと、
とにもかくにも、すごい充実感でNJ州の家族のもとに
戻った次第。

以上で、今回のツアー思い出日記終了。

Londonにて

0 件のコメント:

コメントを投稿