2010年5月2日日曜日

中村健吾さんお見送りセッション。


そしてなんと中村健吾さんも帰国される
ということで、お見送りセッションに参加。


ケニーギャレット宅のセッションに、
二人で向かって行った時に、
当時僕が乗っていたかなりガタがきていた車の
ボンネットの留め金がはずれ、走行中開いて
しまい、前方の視界を遮られる事態になって、
慌てた思い出とか。
ゴルフを習い始めた頃に、ひどいプレイにも
かかわらず、コースのお供を何度もさせて
いただいたりとか。


その後、健吾さんのお古のゴルフセットを頂いたのですが、
(元小曽根真さんのクラブを改造されたらしい。)
これが健吾さんの置き土産になりますかねぇ。


僕がNYに来た時にバリバリ活躍されていて、憧れの存在だった
日本人ミュージシャンの方々が、井上智さんにしても
今年、帰国が続いていて、なんだか、寂しい感じになっている
今日この頃。


このセッションで初めて会ったとある日本人ベーシストの方から、
『はじめまして、NYに来て3年になります。
今、とあるイタリアンレストランで毎週演奏の仕事がありまして、
今、色々な方を呼んでやっているんです。先週は、
山中千尋さんとか、この間は、野瀬栄進さんと演奏しました。
もしよかったら今度、連絡させていただいていいですか?』


僕も、かつてクレオパトラズニードルの仕事で、
中村健吾さんや井上陽介さん等、
先輩日本人ミュージシャンを呼んで、
一緒に演奏した事があった事を思い出し、
同じような事が世代が変わって繰り返されて、
時代は移り変わっていくものなんだなぁと、
感慨深くなった夜でございました。


(写真)
タマミさん撮影写真を勝手に拝借。

0 件のコメント:

コメントを投稿