2012年8月24日金曜日

日本ツアーでの思い出 番外編

ここ数年、帰国の度に、都内にある大東流佐川道場の稽古を見学させて
いただいている。毎回、師範の木村先生の合気の技や教えに
啓発されている。

木村先生は、今、意識と肉体の関係は、想像以上に
大きな繋がりがあるということに着目されているという。

奢ったり、怒ったり、過去や未来の事を思うと、身体は弱くなるという。
謙虚に、許しの境地で、今現在その瞬間の事を思うと、身体は強くなるという。

私自身も先生の実験台にされたのだが、
「百々さん、今、自分が最高のピアニストだと思ってみて。』
と言われて、その気になってみて、
先生が押してくると、私の身体は軽く飛ばされてしまった。
その後、
『今度は、いやいや、自分はまだまだだ、と思ってみて。』
と言われて、その気になってみて、
先生が押してくると、不思議と、飛ばされなかったのだ。
先生の押す力に変わりはないという。
不思議な体験だった。

 これもここ数年の恒例になっているのだが、
道場の稽古終了後 、ピアノの小さなライヴスペースに移動して、
道場の方々の前でピアノ演奏をした。
即興で、『合気の印象』を演奏したのもこれで
3、4回目か。
(1回目に弾いた、『合気の印象』は、
CD『Do You Like Cappuccino?』 に収録されております。)


今回は、特別に、
同じ曲を、普通に弾くのと、
先生に合気をかけられながらの演奏で、
どういう違いがでるのかを実験した。

さらに、門人の方に、霊媒師の方がいらして、
その方に、私のアイドルであるキースジャレットのエネルギーを
注入してもらって演奏したら、どうなるかというのも試した。
ビデオを撮影していたのだが、撮影者によると、
素バージョン、合気バージョン、キースバージョンそれぞれ
波形が違ったという。
私個人的には、3回目に弾いたものは、こなれてきているので、
より自由に弾けるようになっていたかもしれない、という
感じであったのだが、実際どういうことだったのか、
いまだによくわからない。しかし、ミーハーな私は、
個人的にキースのエネルギーをいただけて
嬉しかったのは確かだ。


胡散臭いと思って読まれている方も多いかとは思いますが、
この道場、まじで凄いのです。
人間の未知なる可能性に痺れます。


佐川道場の方々と。

6 件のコメント:

  1. MASAKO2012年8月30日 13:17

    へぇ~不思議ぃ~

    慢心だと飛ばされ謙虚だと不動....

    どういう事なんやろ?


    慢心になると 樂な気持ちになって『気』が入らないのか~

    一方 謙虚だと 一生懸命になり努力し続けるので『気』が入るのか~

    ほんと、不思議ですね~

    謙虚さ、忘れず上目指して頑張ろうっと。

    返信削除
  2. Masakoさん、

    不思議な世界がありますですよ。

    返信削除
    返信
    1. 「aiki」を「愛器」だと思っていたのは私だけではないはず

      削除
    2. いやいや、そうだったんですか。。。

      削除
  3. 霊媒師って、死んでないひとも乗り移れるんですね。

    今度、「キース」ギぎたかお のバージョンもお願いします!

    返信削除
  4. 来生さんの『セーラー服と機関銃』好きでした。

    返信削除