2014年9月29日月曜日

Somi Chicago Tour その1

SOMIのChicago でのショーが、9月26日と27日に予定されていた。

Chicagoに行くまでがドラマであった。

何と26日の早朝に、Chicagoの空港職員が、
管制塔に火をつけて、さらに、ナイフで自殺を図る事件が発生。

 その御陰で、この日、Chicagoに出入りする飛行機が
2000機近くキャンセルになった。

 今回、バンドメンバーは、NJ州に住む私だけ
New Jersey州Newark空港から出発。
その他のメンバーは、NYのLaGuardia空港から
出発予定だった。
Somiは、前日にChicago入りをしていた。

私の搭乗予定だった午前10時発のNew Jersey州Newark空港からの飛行機も
バンドメンバーの午前10時25分発のLaGuardia空港からの飛行機も
キャンセルとなった。

(Somiのツアーは、かつて、
出発日に、飛行機キャンセルということもあったし、
離陸予定時間の数時間前まで、どの空港から乗るのが
わからないという状況もあったし、
今回もそういうわけで、 またきたきた、という感じであった。
とはいえ、4、5年(し、か、ご、、、駄洒落を言うつもりはなかった。)
ぶりのChicago行きの日に、こんな事件が
起きるとは、なんという巡り合わせなのだろうか。)

 (因みに、この日初めて知ったのだが、
飛行機だと2時間くらいで着く Chicagoへは、
車だとここから17時間、電車でも12時間かかるらしい。 )

予約変更の手続きカウンターは、長蛇の列。
50分ほど待って、ようやく自分の番が来る。
Somiに電話し、指示を請う。
この日のショーは夜7時から。
最低でも午後4時台の飛行機に乗りたい。

Somi『4時台にでるChicago便を予約して!』
私『あのう、(たどたどしい英語)4時台に出るChicago便に変更願います。』
カウンターの女性『満席ですが、スタンバイリストにお名前を入れましょうか。』
Somi『NYの飛行場から出るChicago便はないのか聞いて!』
私『あのう、NYの飛行場から出る...(たどたどしい英語)......』
Somi『トール、私が直接話させて。』
私『あのう、私の友人と直接話してもらえますか?』と携帯を渡す。
カウンターの女性『お客様の携帯で第3者とは話をしては行けない規則になってます。』
私『だってさ。。。聞こえた、Somi?』
Somi『(いらいらして)しょうがないわね。。 NYの飛行場から出るChicago便はないのか聞いて!』
私『 NYの飛行場から出るChicago便から出るChicago便はありますか?』
カウンターの女性『LaGuardia空港からPhiladelphia経由Chigago便が4時台にありますが、Chicagoに行ける可能性があるかどうか、お答えできません。』
Somi『Indiana便はあるのか聞いて?そこから車で2、3時間でChicagoに行けるの。』
私『Indiana便はありますか?』
カウンターの女性『4時台にはありません。』
等と、やったあげく、Newark空港発の午後4時台に出る
Chicago便のスタンバイリストに懸けてみることにした。


しかし、午後1時くらいになって、この午後4時台の飛行機も
キャンセルとの知らせ。LaGuardia空港組も同様の結果に。
結局、この日、Somi バンドのChicago入りはならず。
私は、Newarkから翌日の午前11時55分発に、
LaGuardia組は、翌日の午後12時20分発に予約し直した。

Somiは、急遽、Chicagoの地元のミュージシャンを呼んで、
ショーを行った。

私は、家に帰って、いつものようにさくらの面倒を見ることになり、
公園で2時間くらい遊ばせた、そんな一日になった。 

0 件のコメント:

コメントを投稿