2015年5月13日水曜日

SOMI Africa Tour 2015 その2 ナイジェリア 

今回の旅程は、まずZimbabweの首都Harareで
行われている、今年で15回目のHIFA(Harare International Festival of Arts)
での演奏、
そして、NigeriaのLagosでの音楽Festivalでの演奏、
その後、南アフリカ共和国のCapeTown,Johannesburgでの
ジャズクラブでの演奏であった。

4月30日(木)HIFAでの演奏が終わった後に、
深刻な顔つきのSomiが、バンドメンバーに、
『ちょっと話があるので、ホテルロビーで15分後に待っていて。』と告げた。

なんとなく虫の知らせか、
ナイジェリア行きがなくなった、と思った。

というのは、今回、ナイジェリアのヴィザ取得が、
4回目ということもあるが、それにしても、
わりかし、スムーズに取れたのだ。
http://dodotoru.blogspot.com/2015/04/blog-post_18.html
(参照)

これまで、出発前日にヴィザ取得という事を繰り返していた
ナイジェリア行きが、今回の限っては、
出発1週間に取得できたのだ。
逆にこの事が、私に、不安を与えていたのである。
出発前に妻に、
『こんなにスムーズにヴィザ取得ができた、ということは、
 何か、変な事が起きるのではないだろうか。』
 と語ったのを覚えている。

案の定であった。

Somiによれば、ナイジェリアのフェスティヴァルの
資金不足で、Somi の出演を延期するという連絡が
今朝来たと。(予定では、翌日、我々は、
ナイジェリア入りであった。)

Somiの友人が、どこか、代わりに演奏できる場所があるか
どうか打診中ということだが、ここは、バンドメンバーに、
相談したいということだった。

私のナイジェリアの印象は、ぶっちゃけ、『荒い』という
ことしかない。空港の職員から何度となく金をせびられたり、
空港職員を装った、黄熱病カード提示詐欺師を目の当たりにしたり、
マシンガンを持った警護員に前後をガードされての移動があったり、
振り返ると、けっこう『荒い』事が多い。

何も確約されていない状況で、ナイジェリア入りするより、
Harareに残るか、South Africaに向かった方が賢明という
事でバンドメンバーとの意見が一致した。

飛行機を変更したり、宿を新たに取ったりという
多大なロスがSomiに押し付けられて、誠に気の毒であったが、
結果、HIFAの最終日5月3日(日)までHarareに滞在、
その後、5月4日、5日にJohannesburg、6日、7日が
Cape Townそして、8,9、10日がJohannesburgという
旅程になった。
ホテルから見たHarareの景色






2 件のコメント: