2015年5月22日金曜日

SOMI Africa Tour 2015 その8 最後に

ヨハネスバーグ郊外

1)ジンバブエで、演奏後、現地の人から、
『You are Jet Li on the piano!!』
と言われた。

アジア系の人に、
ブルースリーとか、
ジャッキーチェンとか、
ジェットリーとか、呼ぶ人がいるもので、
典型的な彼らの固定観念の現れだとは思うが、
ジェットリーは、個人的に、嫌いではない。
有り難く、お褒めの言葉として、頂こう。

2)南アのヨハネスバーグで演奏後に、
熱狂的な、というかお酒がまわったというか、
お客さんから、こういうお言葉もいただいた。
 『この国の大統領に出馬するんだったら
あなたに絶対投票します。あなたを是非、
家族いっしょに、お城に住まわせてあげたいです!』
有り難いです。

3)ヨハネスバーグで、滞在していた近くの通りに、
お寿司屋があった。
ヨハネスバーグ郊外のレストラン街

ツアーも後半で、お米をほとんど食べない生活が続いていたのもあり、
さほど迷いもなく、飛び込んだ。
回転寿司になっていて、中国系の人が、
寿司を握っていた。ネタは、鮭とアボガドがメインで、
別注文で、マグロやらカニやらがメニューにあった。
鮭寿司、悪くなかったです。

Kiyota Sushi in Johanessburg, SA


ヨハネスバーグ空港にも、寿司バーがあり、
ベースのPanagiotisと食べたが、
ここも、鮭と、解凍したてのマグロが、出て来た。
マグロが若干、不安を煽る味がしたが、
特に問題はなかった
握っていたのは、はちまきをした黒人の方。
寿司は、国際的な食べ物なのである。


4)こんなところで、今回のアフリカツアー日記終了。
 テロやら、病気やら、アフリカツアーというと、
何かと不確定要素があって、危険な匂いがするのですが、
今回も、無事に、ツアーから戻ってこれて、幸せであります。

(危険といえば、南アのヨハネスバーグで、滞在したエリアの
家の壁には、一様に、高圧電線がはりめぐらされてあり、
おおいに、危険な香りがしましたが。)

(南アは、毎日どこかしこで、2時間程停電する。電力不足による
理由らしいが。停電中は、高圧電線も役目を果たせないだろうに。。)

こんなツアーを実現させてくれるSomiさんには
感謝感謝。

HIFA2105演奏後、Somiバンド集合写真


 ジンバブエのレストランにて。左から
Herve Somb, Panagiotis Andreou, John Davis & Toru Dodo


2 件のコメント:

  1. 私も、昨晩は、寿司を食べましたが、アフリカでも寿司があるとは
    驚きです。日本の食文化が広まる事は良いと思いますが、果して
    寿司が日本の食べ物とは知らいない方が多いのでは?

    それにしても、アフリカツアー無事終了して良かったですね、
    又の、アップを楽しみにしております。

                                     和佐田

    返信削除
    返信
    1. なによりも、旅から戻っての
      日本の白い米がおいしいです。

      削除