2015年5月19日火曜日

SOMI Africa Tour 2015 その3 ジンバブエ

NYCから直通14時間で、南アフリカ共和国のJohannesburgへ。
そこから1時間半かけて、ジンバブエの首都Harareへ。

南半球は、今が冬。
昼は、20度前後の気持ちのいい温度。
夜は10度弱になる割と、肌寒い気候。
標高1600mにあるこの街で、私は、
滞在6日間の間、ほぼ毎日、ホテルのジムで
高地トレーニングと意気込んで、走り込んだ。
まぁ、そんな事はどうでもいい。

2000年代に、超インフレが起こり、
とんでもない経済状況だったらしいが、
2009年に、アメリカドルを国の流通通貨にして、
経済を立て直したらしい。

ジンバブエの宿泊したホテルのレストランで、
食事後にもらったおつりの紙幣が、
焦げたような真っ黒なお札で、驚いたのだが、
どうやら、アメリカ合衆国で使い古した紙幣が、
この国で、使用されているらしい。

1987年から今にいたるまで、
ずっとムガベ大統領(今年91歳になる)が国を率いているらしいが、
強権で、政敵への弾圧、報道規制等、
色々と、モノを言うのに気をつけなくてはいけない、との事。


自分が出会った人の印象でしかないが、
警察官や空港職員から街を行く一般人の感じは、
全く悪くなかった。 どこか、おっとりとしていて、
話し声も静かだった。検閲を恐れてヒソヒソと話す癖がついているのかどうかは、
定かではないが。。。

超インフレ時代のジンバブエドルの写真をiPadで現地の方に見せてもらったものを撮影。

0 件のコメント:

コメントを投稿