2010年11月13日土曜日

スマートフォン 選び vs スマートに電話を選ぶ






長年使って来た携帯、昨年アンテナが折れてしまい、
ここ最近かなり通話中雑音が入り、不便になっていたので、
ついに新調した次第。


iPhone? Blackberry?

そこをぐっとこらえ、プリペイド携帯にしてみた。


通話した分だけにお金を払うという基本に戻る姿勢に
凛々しさを感じたというか、
確かに、ネットができてテレビも見れて、
GPSもついて、リアルブックも搭載されているような電話は
便利かもしれないが、
アメリカ国内にいない月もある中、
毎月、1万円近く支払うというのは
あまりスマートではないのではないかと。
(単純に貧乏根性?)


はたして今後どれだけメリットデメリットがあるのか、
我ながら興味深い。


写真は、ナイジェリア滞在中に
自分の胃袋に消えた代物集。

2 件のコメント:

  1. そうなんです、ぼくもアメリカに住んだ最後の年はプリペイドにしました。結局、下手したら割高やった月もあったかもしれませんが
    無自覚に1万円が消えていく状況よりは、清清しかった記憶が。

    でもアメリカは、かけても、かかってきても、ミニッツ減るんですよねえ?、、、

    返信削除
  2. そうです。テキストメッセージも送っても送られても
    0.30ミニッツづつ減っていきます。
    今までは、仕事の依頼テキスト等は、
    『この日に空いてますか?』
    『空いてます。』
    『じゃよろしく。』
    『ありがとう。』
    と仕事の成立に最低4回の交信があったのですが、
    最後の『ありがとう。』をうまく省けないものかと
    思ってしまう自分が卑しいです。

    返信削除