2010年11月25日木曜日

SOMI @ Wichita Jazz Festival


SOMIバンドでカンザス州のWichita Jazz Festivalで演奏。
(写真、打ち上げ時のSteve Belvilus, SOMI & 百々徹。
今回、予算の都合だと想像するが、ピアノとドラムだけの編成だった。
左手をいつもより使ったので、右脳が刺激されたのか、
演奏中ハイになれて楽しかった。)


書きたかったのは、帰りの飛行機の話。


今年はSOMIさんに、本当に、色々な所に連れていってもらったのだが、
徹底して同じ飛行機会社を利用した御陰で、
自分の飛行機のマイルがけっこう溜まった。
そしてついに、今後、席が空いている時に限って、
ビジネスクラスに無料で席替えできる恩恵に預かれる身分になったのだ。


そしてその恩恵を初めて、今回、Wichitaからの帰り道に味わう事ができたのだ。
Wichita-Atlanta-NYという航路だったのだが、
幸いにも空席があった御陰で、席替えができたのだ。


Wichita-Atlanta間は、小型飛行機だったので、ビジネスクラスといっても
少しだけ大きな席に変わったという感じだったのだが、
Atlanta-NY間は、中型より少し大きい、ジャンボより少し小さいサイズの飛行機で、
そこのビジネスクラスの席のゴージャス感といったら!!!


(5年ほど前に一度だけニジェールーパリ間のAir Franceで
エコノミークラスが満席状態で、偶然にも
ビジネスクラスに変えてもらった事があるのだが、
その時よりも数倍、今回のこのアメリカの航空会社の
ビジネスクラスの環境は素晴らしかったように思う。)


足を伸ばしてもまだ荷物が置けるだけある広大なスペース。
椅子にはマッサージ機能がついているわ。
その椅子が完全に仰向けになって寝れる程リクライニングするわ。
椅子に着くや否や、
『飲み物はいかがですか?』と聞かれるわ。
WiFi環境になっているわ。
映画のセレクションが多いわ。
エコノミークラスは、クッキーやピーナッツしか支給されてない中、
新鮮なチキンサンドイッチにフルーツが出てくるわ。
飲まなかったけれど、お酒も出てくるわ。


思わず、自分が座っている所の写真を撮りたくなったのだが、
自分の周りの席に、おそらく自分と同じほど感動している人達が多かったようで、
老若男女、キャッキャッ言いながらピースして写真を取り合っているのを見てしまい、
なんだか、急に、鞄からカメラを探す手が止まり、
ビジネスクラスには普段から乗っているかのように
振る舞おうとする自分がいた。
しかし、食事が運ばれてきた時に、
横からテーブルを引っ張り出すやり方がわからず
もたもたしてしまい、やむを得ずステュワーデスの手助けを借りる始末。
あっさりとビジネスクラス慣れしていないのが露呈してしまったのだが、
こういう所で格好をつけようとする自分の行動様式が
いまいちよくわからない。
家に帰ってきて、やっぱり写真を撮っておけばよかったかなと
後悔している自分も情けない。


Atlanta-NYは1時間45分くらいの飛行時間だったのだが、
着陸後、『もう着いてしまったのか?もっと遠回りしてくれても
よかったのに。』と思ったフライト体験が今まであったであろうか。
来年の2月、もしかすると、
日本にも、こうして帰れるのかもしれないと思うと、
それだけで興奮してきた。


今まで檻に入れられた家畜のような扱いをひたすら耐え忍ぶだけだった
『飛行機移動』のコンセプトが、この日を持って変わったのだ。
ピアノのスケ−ル練習をたくさんすれば、ビジネスクラスに乗れるように
なるということなのか!!


(いい事があると必ず悪い事も起きるというのが自分の人生観なのだが、
ビジネスクラスで絶頂の快感を得たまま、墜落するのではないかという不安が
搭乗中、絶えず頭の片隅にあったことも付け加えておきたい。)

2 件のコメント:

  1. フッフッフ、見事にはめられましたね。

    返信削除
  2. はめられてもいいと思いました。

    返信削除