2011年5月29日日曜日

飛行機について。

今、フロリダのJacksonvilleに来ている。
久々に飛行機に乗ったのだが、なんとなく被爆の事を思った。


福島の原発事故が起きてまもない頃、放射線被爆量を何かと、
日本ーNY間の飛行機旅行で受ける被爆量を引き合いに
説明する専門家の方がおられた。
(最近はあまりこういう比較を聞かなくなったが。)


それを思うと、飛行機上で働く労働者というのも
操縦士や、フライトアテンダントという仕事も、原発で働く人達と同様、
一般の人に比べたら、高線量被爆労働者ということになるのだろう。


アジア系やヨーロッパ系の航空会社のフライトアテンダントは、
割と若い女性の方が多かったりする。
しかしこれはもしかすると、
相当な被爆を彼女らに強いていることにならないのだろうか、と
心配してしまう。
本来ならば、鉛のスーツを着て、仕事をしないといけない方々なのでは
ないのだろうか。


最近のニュースを見て学んだ所からすると、
放射線は子供や若い女性に強く悪影響が出るということならば、
こうした航空会社の雇用体制は、問題にされないのだろうか。
しかもだ。
飛行機は、墜落するかもしれないという危険と
常に背中合わせだ。
福島原発並みとは言わないまでも、
かなりな過酷な労働環境のもとで、働いている人達なのだ。


日本では、憧れの職業とされているかと思われる
フライトアテンダントだが、
(その昔、『ステュワーデス物語』というテレビドラマがはやったこともある。)
これは、深読みすると、
大金を投じて、『安全です。』キャンペーンをしてきた東電と同様の
航空会社によるイメージ操作があるのではないだろうか。


その点、アメリカの航空会社のフライトアテンダントは、
割と年配な女性が目立ち、男性も多い。
そのサービスの悪さに不平もあったが、
実は、被爆の被害を受けにくい人達を雇うことによって、
被爆被害を最小限にしようという
理にかなった雇用体制なのではないかと
最近になって思えてきた。


しかし、ここ最近、アメリカの航空会社の中に、
違う方針を取り出した所があり、
今日乗ったJet Blue社においては、
フライトアテンダントは、
若いアジア系と白人の見目麗しい女性2人。
出発前の緊急事態の際のレクチャーは簡素化されてあり、
電子機器の電源を着るようにするアナウンスにいたっては、
『飛行機の電子系統に影響を及ぼす以下の機器の電源をお切りください。
laptop computer, ipod, cellphone, iphone, blackberry, raspberry, strawberry...』
と冗談を交える始末。


安全だから事故は起きない、起きるはずがないとして、
大事故になった東電の事を思うと、
このリラックスした雰囲気、奇麗なフライトアテンダントを擁したこの
航空会社の姿勢に、大いな不安を覚えた私は、
他の乗客の視線に臆することなく、
防護服に着替え、シートベルトを3重に締めて、
内部被爆を受けないように、提供される飲み物やスナックに手をつけるまいと
思ったのだが、実際には
結局、防護服もカバンから取り出す事はしないままに、
(まぁ、もともと持っていないのだが。)
シートベルトにしても、脂肪が気になっているお腹が苦しいので、
ゆるめに締めたまま、
美麗なフライトアテンダントの甘い誘惑に負けて、
コーヒーとチョコレートチップクッキーをしかと頂いて
Jacksonvilleに到着してしまったのであった。

2 件のコメント:

  1. blackberry, raspberry, strawberry...

    のくだりで最初、いつものドドさん節かと一瞬 思ってしまいましたよ(笑)
    だけど、たしかにそこは、乗務員さんが真面目に伝えるべきところでしょうね。
    Kaco

    返信削除
  2. Kacoさん

    駄洒落だけはいわないように
    心がけているつもりなのですが。

    返信削除