2013年12月10日火曜日

Bayelsa, Nigeria その2 マシンガン

アメリカ合衆国では、よく
その銃社会について規制すべきかどうかの
喧々諤々の議論になるが、
ナイジェリアのような国だと、
しっかりとマシンガンで守ってもらえないと
身の危険にさらされるようなのだ。

今年の3月のSomi tourの際にも、
Port Harcourt空港から演奏会場に向かう際、
マシンガンを抱えた傭兵が
バンドの移動車の助手席に座った事に
驚きを禁じ得なかったが、
今回もその例に漏れず。

バンド移動車が3台。
その前後にそれぞれ傭兵4人ほどのせた
パトロールカーが走る。
もちろん、それぞれのバンド車の助手席には
傭兵が座った。

道路のコンディションはいいとは言えず、
夜道を2時間も移動しなければならない状況で、
やはり、こうしたマシンガンによる
警護が絶対必要な国が世界にはあるっちゅうことですかねぇ。




2 件のコメント:

  1. はろはろ、しげぞうでございます。
    ご無沙汰です。
    アフリカ各国って怖いんですね。
    治安のいいアフリカの国ってあるのかなあ?
    ナイジェリアって名前は、知っているけど。
    政情がどうなのかなあ?
    汚職とか多いのかなあとか思ってしまいますね!!

    返信削除
  2. はろはろ、しげぞうさん。
    よいお年をお迎えくださいませませ!

    返信削除