2013年12月20日金曜日

通勤地獄

12月15日(土)。
Sleep No Moreの演奏の仕事があった。
普段は、車で向かう。
20分から30分程で着く。
しかし、この日は、大雪。
危ないので車で行くのをあきらめ、バスと地下鉄で行く事にした。

私は今、New Jersey州Fort Leeという、
George Washington Bridge(以下GWB)の橋の近くの街に
住んでいるのだが、NYへ行くには、
このGWBをバスで渡って、
そして175丁目の駅から地下鉄Aトレインを使って
マンハッタンを南下していく。

夜中の1時30分頃、家路についた。
深夜のニューヨークの地下鉄は、
走っている本数が少なくなる。
駅で長い時間、電車の来るのを待たなくてはいけない。
しかも、日中は、快速であるAトレインは、
深夜は、各駅列車になってしまう。
 因みに、GWBを渡るバスは
深夜1時30分以降は走っていないのだ。
175丁目を降りて タクシーを呼ばないといけない。

結局、この日家についたのは、3時40分頃。
2時間以上かかったのだ。
 
 12月16日(月)。
とあるクリスマスパーティーでの演奏の帰り。
キーボードとアンプ持参の為、車で来ていた。
ミッドタウンのブロードウェイ近くの51丁目の
駐車場から家路に着いたのが夜の7時7分。

普通、30分から1時間弱で家に帰れる距離だ。

ところが、この日、
私の運転史上最悪の渋滞にはまった。
 
私は今、New Jersey州Fort Leeという
George Washington Bridge(以下GWB)
の近くの街に住んでいる。

通勤の際、必ず、GWBを使うのだが、
この日、緊急の修理工事をしていた。
GWBは2階建てで、この日、
上の階の橋の4車線中3車線が閉鎖されたらしい。

橋に向かうすべての道路が激しく渋滞した。
2時間以上かけて120丁目に到達した時に
私は、これは、相当やばい渋滞であることを認識した。

『あぁ、Uターンして、ミッドタウンにある
Lincolnトンネルを使ってNew Jersey州に渡ろう。』

しかし、この時、すでに遅し。
運転手は、皆、同じ事を考える訳で。
Lincolnトンネルに入るまでに
とんでもない時間がかかった。

ガソリン足りるのだろうか。。
膀胱はなんだか破裂しそうだ。。。

 ようやくにしてトンネルを渡り、
New Jersey Turnpikeという有料の高速道路を使った。
GWB近くの出口を出てすぐのガソリンスタンドに行く。

そこが、なんと大混雑。
ガソリン入れるのも
トイレに入るのにも
行列ができていた。

おそらく皆、同様の境遇に
見舞われた被害者だ。

結局、家に着いたのが、夜12時をまわっていた。

なんと家に帰るのに、5時間もかかったのである。

おそらく、はじめから、Lincolnトンネルを使えば、
だいぶ早くに帰ってこれたのかもしれないと
思ったが、後の祭りだ。

車で5時間。

 ニューヨークの通勤地獄をなめてはいけない。

2 件のコメント:

  1. はろはろ、しげぞうでございます。
    N.Yって島って言うイメージは、あるけど改めて
    地図を見たら半島なんですね。

    地形、天候の前では、万歳しかないんですね。
    無力だぁ。
    仕事じゃぁ、しゃぁないよね!!

    返信削除