2010年8月3日火曜日

ウガンダに到着。



首都カンパラは、NYと同じように、
眠らない街のようだ。
割と静かなルワンダの首都キガリに比べたら
活気が違う。猥雑感がある。
(泊まっているホテルは、夜になると、
近所の家の番犬の遠吠えが激しく聞こえる。
どうやら犬も眠らないようだ。)


車で通りすぎた光景からでしか判断できないが、
王様が住んでいるかのようなお屋敷群があったり、
土の家が立ち並ぶスラム街があったりと、
貧富の差が激しいことを予想させた。


ワールドカップ決勝戦の日に襲った
テロの影響で、都心部のレストラン街は、
マシンガンを持った警備隊がいたり、
店に入るのにも、空港で体験するような
ボディーチェックを受けた。
SOMIの従兄弟が、今日、市内観光につきあって
くれたのだが、彼の友人が3人も
テロで命を落としたと聞き、
なんとも言えない気持ちになった。
さらに、テロの犠牲者のポケットから
財布を盗み取る救護隊員が複数いたらしく、
彼は、憤りをあらわにしていた。


写真は、カンパラで見た日本。

4 件のコメント:

  1. ルワンダはビザを取るのは難しいが、ピザをとるのは簡単な国ということですか! はぁ、、

    返信削除
  2. 因みに、上記のレストランは
    ウガンダのカンパラです。

    返信削除
  3. カンバラでカンバン撮りましたか。

    返信削除
  4. 全然関係ないのですが、
    神原音楽事務所というのがありますね。

    返信削除