2010年8月8日日曜日

ケニアに到着



ウガンダのカンパラから飛行機で1時間、
ケニアのナイロビに到着。
夜の7時30分に着いたものの、
ビザ申請の長蛇の列に阻まれ、
空港を出たのが夜の9時30分。


涼しい気候,
というか寒かった。
15度。
標高が高くて、今が冬のせいかもしれないが、
それにしてもの寒さである。


そして恐怖。
空港から直接ホテルに行く組と、
ナイロビのショーを企画してくれた人のイヴェントに参加する組に分かれた。
僕は疲れていたので、ギターのLibertyとホテル直行組。
残りの4人はイヴェント組。


ホテルのレストランで夕食を食べ、
部屋でのんびりしていたら
深夜2時近くにホテルに戻って来たSOMIから、
乗っていたタクシーが途中でハイジャックされそうに
なった、と知らされた。
街灯のない田舎道を30分くらい
何者かわからないがトラックに
追いかけられ、必死に逃げたという。
タクシーの運転手も、初めての体験だと
相当びびっていたらしい。
皆無事でなによりだったが、
最悪の事態を想像したら、僕まで怖くなってきた。



翌日、朝の7時頃、ホテルの非常ベルが鳴った。
昨晩のカーチェイスの話が頭によぎり、
パニクったのかもしれないが、
これは火事に違いないと確信した自分は、
飛び起きて、冷静にパスポート、財布をポケットに入れ、
部屋を飛び出した。
が、しばらくして誤報だった事が判明して、
ほっとベッドに戻ったのだが。



写真は、カンパラ空港に行く前に立ち寄った
ヴィクトリア湖のほとりにて。

0 件のコメント:

コメントを投稿