2010年8月8日日曜日

ナイロビ



ガイド付きの観光をした。
アフリカ最大のスラム街と言われている
キベラ地区(写真上)から、高層ビルが立ち並ぶ中心部を見た。
人気スポットとされる、Village Market(写真下)に
いたっては、アメリカのショッピングモールに
いるような錯覚を覚えた。


なんというか、
世界で最も金持ち国のひとつである日本国出身で、
蠅を自分で追い払えないほど飢えで弱っている子供達の映像を
見て育ってきた自分は、
アフリカに来たからには、
清潔なショッピングモールよりもスラム街を、
高層ビルよりもサファリの象を見たがっている自分を
発見する。


以前訪れたニジェールはまさに、自分の
アフリカ像とまさしくあてはまり、興奮したものだが、
この日ナイロビの土曜日の昼下がり、
大賑わいのVillage Marketで、
スターバックスのケニア版のようなコーヒーストアで
カプチーノを飲んでいることに、
どこか違和感を覚えている自分がいて、
そのことに少なからず自己嫌悪した。

3 件のコメント:

  1. そうですねぇ。。
    ナイロビといえば、山崎豊子の「沈まぬ太陽」で主人公が左遷させられた都市だったような。
    たまに日本でも、ナイロビの映像流れますよ、結構近代的な街が。

    関係ないけど、百々さん、少し太りました?

    返信削除
  2. 少し髪がボリュームダウンして、 お腹が出て見えるのは
    風でシャツが膨らんでるからです。太ってないです。

    返信削除
  3. 体重増加の兆候がありまする。

    返信削除